読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる指の痛み解消法!深指屈筋の緩め方、ほぐし方!

指の痛み解消法

【スポンサーリンク】

今回は深指屈筋の緩め方、ほぐし方を紹介していきます。しかしながら深指屈筋は自分で探して触れることが大変ではあるため、自分で行うにはだいたいの場所を知り、その付近の筋肉をほぐすという考え方が良いかもしれません。

 目次

深指屈筋の緩め方、ほぐし方

深指屈筋とは

深指屈筋は尺骨内側面、前腕骨間膜から始まり、人差し指から小指までの末節骨底(指の第1関節)についています。深指屈筋は前腕の手のひら側にある屈筋群の深いところに位置しており、筋腹はほぼ尺骨側についています。
前腕の中央部では皮膚の下すぐの所で触れることも可能です。
深指屈筋はDIP関節(指の第一関節)を屈曲させることができる唯一の筋肉であり、筋肉のついている位置によりPIP関節(指の第2関節)やMP関節(指の付け根の関節)の屈曲、手関節の屈曲にも作用します。浅指屈筋と異なり、一般的に人差し指以外の指は独立して筋肉を動かすことが難しくなっています。
人差し指、中指に向かう深指屈筋は正中神経支配で、薬指、小指に向かう深指屈筋は尺骨神経支配となっています。

深指屈筋の探し方、触れ方

①MP関節(指の付け根の関節)、PIP関節(指の第2関節)は動かないようにし、DIP関節(指の第1関節)を屈曲させます。その時に曲げた指のすぐ下の骨(中節骨)に触れると深指屈筋腱が動くのを確認できます。

②深指屈筋の筋腹に触れるには、人差し指であれば前腕の中央付近でDIP関節の屈曲に伴う筋収縮に触れます。他の指であれば順に尺側(小指側に)触れていきます。触れる指をやや強めに押し当てることで、深い所から盛り上げてくるような筋収縮を感じやすくなります。深指屈筋の一番尺側は、皮膚のすぐ下に筋腹を触れることが可能であり、尺骨の骨幹部尺側の縁に指を当てると触れやすくなります。

深指屈筋が緊張した時の症状

浅指屈筋と同様の痛みを感じます。指の前面に痛みを感じることがあります。これは関節の炎症や手根管症候群と誤解されてしまうこともあります。

深指屈筋が緊張する原因

浅指屈筋と同様の原因となります。テニスやゴルフ、長時間の運転などで強く握る動きを習慣的に続けていると負荷がかかりやすくなってしまいます。また畑作業などで固いものをハサミで切るといった場合にも過負荷になってしまい、緊張を強めてしまいます。

緩め方、ほぐし方

右深指屈筋の場合

①右の肘、手首、指を曲げます

②深指屈筋に押圧を加え、近位(肘方向)、遠位(手首方向)に引き寄せ保持します。

f:id:happyhealth:20160616231624j:plain

③右肘、手首、指を伸ばします。

f:id:happyhealth:20160616231739j:plain

ポイント

手首を伸ばす際に、前腕を回外(手のひらを上にする)しながら行うとより強力にストレッチできます。