自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる指の痛み解消法!浅指屈筋のほぐし方、緩め方!

【スポンサーリンク】

 今回は浅指屈筋のほぐし方、緩め方を紹介していきます。

 目次

浅指屈筋のほぐし方、緩め方

浅指屈筋とは

浅指屈筋は上腕骨内側上顆、尺骨頭、橈骨頭から始まり、人差し指から小指の中手骨底につきます。浅指屈筋は前腕の手のひら側の屈筋群の中では中間層に位置しており、手首付近の浅指屈筋腱は長掌筋のすぐ尺側を通ります。
浅指屈筋はPIP関節(指の第2関節)を屈曲させ、その走行からMP関節(指の付け根の関節)の屈曲や、手関節の屈曲にも関与しています。
上腕骨内側上顆から始まっているため、肘関節の屈曲にも作用します。
人差し指から小指までの筋の束がそれぞれ独立して収縮することが可能であり、各指ごとにPIP関節(指の第2関節)の屈曲が可能です。
浅指屈筋のみの筋力を評価したい知りたい場合には、動かす指以外の3本を伸ばした状態で固定し、深指屈筋の働きを抑えた状態で行うと評価可能です。

浅指屈筋の探し方、触れ方

①小指、薬指、中指は伸ばした状態で人差し指のPIP関節(指の第2関節)を曲げていきます。その際に浅指屈筋腱が動くことを触れて確認します。同様に中指で行うとより明確に浅指屈筋腱の動きが確認できます。長掌筋腱は浅指屈筋のすぐ親指側の隣に走っていますので、指全体をつまむように動かすとその動きを確認できます。

f:id:happyhealth:20160616212007j:plain

②その後浅指屈筋腱の動きを確認しながら肘の方向へと触っていきます。正しく触れることができれば橈骨側(親指側)に向かっていきます。指を中指→小指へと変えていくと、浅指屈筋の全体像が把握できます。

浅指屈筋が緊張した時の症状

浅指屈筋が緊張したり、硬くなったりすると、指の前面に痛みを感じることがあります。これは関節の炎症や手根管症候群と誤解されてしまうこともあります。

【スポンサーリンク】
 

浅指屈筋が緊張する原因

浅指屈筋が緊張する原因としては、テニスやゴルフ、長時間の運転などで強く握る動きを習慣的に続けていると負荷がかかりやすくなってしまいます。また畑作業などで固いものをハサミで切るといった場合にも過負荷になってしまい、緊張を強めてしまいます。

ほぐし方、緩め方

右浅指屈筋の場合

①右の肘、手首、指を曲げます

②浅指屈筋に押圧を加え、近位(肘方向)、遠位(手首方向)に引き寄せ保持します。

f:id:happyhealth:20160616212218j:plain

③右肘、手首、指を伸ばします。

f:id:happyhealth:20160616212342j:plain

ポイント

筋の緊張や硬さが肘側であれば肘の動きを中心に行い、手首側であれば指の動きを中心にして行うと効果的です。
手首を伸ばす際に、前腕を回外(手のひらを上にする)しながら行うとより強力にストレッチできます。
筋肉が短縮(縮んでいて伸びが足りない状態)しているのであれば、筋を横方向に引き、その方向と反対側に前腕を回すことでより強力なストレッチが可能です。

医師監修の手首サポーター

痛い手首と親指をがっちり支える手首サポーター

手・手首の痛みに「バイオメカサポーター手関節」

参考文献