読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる指の痛み解消法!母指対立筋のほぐし方、緩め方!

指の痛み解消法

【スポンサーリンク】

今回は母指対立筋のほぐし方、緩め方を紹介していきます。

 目次

母指対立筋のほぐし方、緩め方

母指対立筋とは

親指を動かす筋には4つの筋肉がありますが、そのうち3つの筋肉(短母指屈筋、短母指外転筋、母子対立筋)が親指の付け根の膨らみ(母指球)を形成しています。
母指対立筋は短母指屈筋と短母指外転筋に覆われており、この3つの筋肉の硬さの原因となる位置は、全て一致していることが多いです。また、痛みを送る部位も似ている点が多くあります。母指対立筋は母指内転筋よりも手首側に位置しています。母指対立筋は親指を他の指に向かって動かす働きがあります。

母指対立筋の探し方、触れ方

母指球(親指の付け根のふくらみ部分)にあります。指を対立位(親指を他の4つの指に近づける)にすると母指球が膨らむのを確認できます。その周辺を指で押圧すると、筋肉に緊張や硬さがあると痛みを感じる場所があるかもしれません。

f:id:happyhealth:20160616200243j:plain

母指対立筋が緊張した時の症状

母指対立筋が緊張すると、手首の親指側や親指の側面にも痛みを感じることがあります。このような症状が出るため、手首を痛めたような感じがしたりします。また親指側面の痛みはハサミを使用する際に親指に力が入りづらくなっているようにも感じさせます。書字動作においいても書きにくくなったり、指の繊細で細やかな動きにも影響が出る可能性が考えられます。

母指対立筋が緊張する原因

母指対立筋が緊張する原因としては、裁縫、草刈り、書字、楽器演奏、手作業が多い仕事など、親指をよく使用する職業において過度に負担がかかりやすくなります。

母指対立筋のほぐし方、緩め方

右母指対立筋の場合

①右の親指を小指側に向かうように引き寄せます。

②母指対立筋に押すように力を加えながら、反対側に引いて保持します。

f:id:happyhealth:20160616200450j:plain

③親指を元の位置へ引き離します。

f:id:happyhealth:20160616200831j:plain

 

ポイント

回数の規定は特にありません。痛みの軽減を確認しながら行い、楽になったと感じれば、普段痛みが出やすい作業において痛みが出ないかの確認を行ってください。
手の指は生活する上では使用する頻度の高い部位なので、普段から無理な負担はかけないように注意する必要があります。母指対立筋を押してマッサージするような方法もありますが、筋肉にストレッチをかけながらほぐすという意味でも上記の様な方法行う方が効果は上がると考えています。普段から予防的に行うことも痛みの再発を防ぐ手段としてはオススメです。

参考文献