読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる手の痛み解消法!母指内転筋のほぐし方、緩め方!

【スポンサーリンク】

今回は母指内転筋という手のひらについている筋のほぐし方、緩め方について紹介したいと思います。

目次

母指内転筋のほぐし方、緩め方!

母指内転筋とは

母指内転筋は、手の第一、第三中手骨から母指の中手指節関節(MP関節)に位置しており、親指を内転(手の内側に動かす)させる働きがあります。

母指内転筋の触り方

母指内転筋を探すには、母指内転筋に反対側の指を置き、人差し指の付け根(側面)に対して親指を押しつけるように内側に動かすことでその収縮を確認できます。

f:id:happyhealth:20160616195635j:plain

母指内転筋が緊張した時の症状

母指内転筋が異常に緊張していたり硬くなったりしていると、親指の付け根に痛みが発生することがあります。また第一中手骨から舟状骨の手の甲側にも痛みを感じることがあります。
関連痛として、痛みは斜角筋や上腕金、長橈側手根伸筋、回外筋、腕橈骨筋などにも痛みが広がることがあります。
筋肉の位置は手のひら側にあるのですが、痛みは手の甲側にも及ぶことがあるため、原因となる筋肉の緊張、硬さを見逃してしまうこともあります。

母指内転筋が緊張する原因

趣味や仕事などで手作業が多い方(特に裁縫などで親指をよく使用するなど)は、母指内転筋に習慣的に負担がかかりやすく、過緊張や硬さの原因となりやすいです。またこのような方々は親指の開きが小さい方が多いです。このような方が手の甲側の親指の付け根、手首周辺などに痛みを感じているのであれば母指内転筋をターゲットとして考えてよいと思います。

【スポンサーリンク】
 

母指内転筋のほぐし方、緩め方

右の母指内転筋の場合

①右の親指を内転(人差し指の付け根に対して親指を押しつける)させます。

②母指内転筋に押さえ、手の中心側に引き寄せ保持します。

f:id:happyhealth:20160616195845j:plain

③右の親指を外転(外に開く)させます。

f:id:happyhealth:20160616200019j:plain

ポイント

母指内転筋の停止部(親指の付け根側)を押さえる際に、上手く押さえきれないことがあります。そのような場合、押さえたいポイント上の皮膚をつまむことにより、筋肉のストレッチが可能です。
回数に関しては特に規定はありませんが、痛みの軽減を確認しながら行って下さい。
水かき部分周辺の母指内転筋を押さえてマッサージするような方法もありますが、筋肉にストレッチをかけながらほぐすという観点からすると、上記のような方法が望ましいと考えています。筋肉がストレッチされることにより本来あるべきはずの筋肉の長さが保たれ、関節の動く範囲が大きくなったり、筋力が発揮されやすくなると思われます。

参考文献