読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる手指の痛み解消法!背側骨間筋のほぐし方、緩め方!

指の痛み解消法

【スポンサーリンク】

背側骨間筋は手の甲側の痛みや手の指の痛みに関係があり、手根中手関節の屈曲制限が生じることもあります。経験上、手全体のこわばり感やつっぱり感が強い時、また指を強く握りこんだ際に痛みが出る場合に、背側骨間筋を緩めると楽になったと言ってくれる方も多いです。

 目次

背側骨間筋のほぐし方、緩め方

背側骨間筋とは

背側骨間筋は、手の4つの中手骨の甲側にあり、4つの小筋からなっています。手の甲から筋に触れることが可能で、人差し指、薬指と小指を中指から離し、中指を単独で左右に動かす作用があります。

f:id:happyhealth:20160605093534j:plain
出典:痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR

背側骨間筋が緊張した時の症状

背側骨間筋が緊張すると各指に痛みが広がり指がこわばったり、力の入りにくさ、指の動きのぎこちなさなどを引き起こすことがあります。この筋は中手骨の間にも走行しているため、神経が圧迫されるとしびれの原因にもなりえます。
人差し指と親指の間にある分厚い第一背側骨間筋に緊張や硬さがあると、広い範囲に痛みを送ることがあり、手のひら、手の甲、小指、人差し指に痛みが広がります。
書字動作の際、中指の付け根や指先の方に痛みがある場合には、人差し指と中指の中手骨間の第二背側骨間筋の緊張や硬さを疑います。この筋は、ペンをつまむ際に中指を親指に押し付ける動きを補助する筋になります。
書痙(字を書く際に、手が震えたり痛みがあったりして字がうまく書けない状態)の治療には、親指に関連する筋と第一背側骨間筋が原因であることが多いです。
へバーデン結節(指の変形性関節症:人差し指から小指にかけて第1関節が腫れたり、曲がったりし、痛みを伴うことがある。第1関節の動きも悪くなり、痛みのために強く握ることが困難になる)では、骨間筋に問題があることが多く、骨間筋を治療することで痛みが軽減できることがあります。
骨間筋の過負荷でストレスが強くかかっていると、関節炎に向かわせてしまう原因にもなります。

背側骨間筋が緊張する原因

背側骨間筋は仕事やスポーツなどで繰り返し強く握る動きを繰り返し行うと負荷がかかってしまいやすいです。
ヴァイオリン、ギター演奏など指をかなり広げなければならないような場合にもストレスがかかりやすくなります。
パソコンのマウスを人差し指でクリックすると第一背側骨間筋に負荷がかかりやすくなります。

ほぐし方、緩め方

右の背側骨間筋の場合

①右の指の付け根(MP関節)を伸ばします。
②左手で右の背側骨間筋に押圧を加えて手前に引き寄せます。

f:id:happyhealth:20160602185308j:plain

③右の指の付け根(MP関節)を曲げます。

f:id:happyhealth:20160602185354j:plain

 この方法で、親指と人差し指の間、人差し指と中指の間、中指と薬指の間、薬指と小指の間にある背側骨間筋を緩めていきます。

参考文献