読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

腰痛を自分で治すためのマッケンジー体操(腰痛の原因診断編)

腰痛

【スポンサーリンク】

マッケンジー体操は腰痛に対する治療法のひとつです。その名の通り、体操を行う事で腰痛を軽減したり、完全に痛みを消失できる可能性がある体操になります。マッケンジー体操の行い方は実に簡単です。椎間板ヘル ニアやぎっくり腰にも対応可能で、場合によっては手術を行わなくてもよい場合もあります。今回は腰痛の仕組みと、自分でできる診断方法、マッケンジー体操の行い方を紹介していきます。

目次

 自分でできる腰痛チェック法

危険な腰痛チェック1

①安静にしている時に痛いか
通常ぎっくり腰のように急激な痛みでも、安静にしていると痛みは少ないことが多いです。安静にしていても痛みが強い場合、痛みがどんどんと大きくなってくる場合注意が必要となり、整形外科への受診が必要となってきます。

②寝返りが打てるか
腰椎の圧迫骨折がある場合、痛みにより寝返りがうてなくなります。背骨のヒビはレントゲンでは発見できないため、MRI撮影が可能な医療機関の受診が必要になります。

③腰痛以外の症状の有無
腰痛に加えて、熱発、腹痛、倦怠感、血尿など、内科的問題がある場合には、内科等での診察が必要になります。

危険な腰痛チェック2

①足裏の感覚がない
②足のしびれがだんだん強くなる
③足の脱力感
④足がうまく運べず歩きにくい
⑤尿の出方がおかしい
⑥排尿に時間がかかる
⑦排便が難しい
⑧歩いてしばらくすると足のしびれ、痛みが強くなり歩けなくなり、少し休むとまた歩けるがしばらくするとまた歩けなくなる(間欠性跛行

チェック2の①〜⑧に出てくる症状は、すぐにでも整形外科での診察を受ける必要がある神経症状になります。

腰痛の原因を知るテスト

ここで紹介するテストは椎間板性腰痛(腰椎ヘルニア含む)と、椎間関節性腰痛の判別法になります。

①足を肩幅に開いて立ちます。
②体を前に1回倒します。
③体を後ろに1回反らします。

ポイントは限界まで体を前に倒す、反らすことです。2秒程度限界でキープし、元に戻します。
このときの、「腰の痛み」「体の前への倒しにくさ」「体の後ろへの反らしにくさ」を確認していきます。

腰痛テストの判定

判定①体を後ろに反らす時にのみ腰の痛みや反らしにくさがある。
この場合、椎間板性腰痛(椎間板ヘルニア含む)が疑われます。
最終判定では次に体反らし体操をしてみて腰痛が楽になる、消える、運動制限が改善されるようであればほぼ椎間板性腰痛と思われます。

判定②体を前に倒す時にのみ腰の痛みや倒しにくさがある。
この場合、椎間関節性腰痛が疑われます。
最終判定では次に前かがみ体操をしてみて腰痛が楽になる、消える、運動制限が改善されるようであればほぼ椎間関節性腰痛と思われます。

判定③体を前に倒す、後ろに反らすことの両方に腰の痛みや運動制限がある。
この場合、椎間板性腰痛と椎間関節性腰痛の両方が疑われます。
最終判定ではそのためまず体反らし体操を行い、次に前かがみ体操を行います。両方を行い、体反らし体操で症状が改善されるとほぼ椎間板性腰痛、前かがみ体操で症状が改善されるとほぼ椎間関節性腰痛と思われます。

最終判定に用いる体反らし体操、前かがみ体操についてはこちらの記事を御覧ください。

腰痛を自分で治すためのマッケンジー体操(体操方法編) - 自分でできる体健やかブログ

それ以外の腰痛について

判定テスト①〜③に当てはまらない方もいるかと思います。それは体を前に倒す、後ろに反らせても両方に腰の痛みや運動制限がないパターンです。
また最終判定にて体操を行ってみても改善が見られないパターンもあります。
これらのパターンの場合には椎間板性腰痛や椎間関節性腰痛以外の腰痛が疑われることになります。
今回紹介してきたマッケンジー体操は椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛の治療がメインであるため、他の腰痛への対処法は後日紹介していきたいと思います。

まとめ

危険な腰痛チェック1、2に当てはまる方は医療機関への受診をしてください。
椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛の判別を行うには体を前に倒す、体を後ろに反らせる時の腰の痛み、運動制限を確認していきます。
椎間板性腰痛には体反らし体操、椎間関節性腰痛には前かがみ体操を行っていきます。