読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ療法士直伝!自分でできる骨盤底トレーニング!尾骨から始まる背骨のストレッチ!

【スポンサーリンク】

骨盤底トレーニングの話も、知識の整理から始まり、だんだんと動的なトレーニングができる段階になってきました。

骨盤底の役割を今一度確認しておくと、呼吸調整の補助、良い姿勢とバランス、背中、腰、膝の問題、健全な生殖器を保つこと、毎日の活力やエネルギーにも関連しています。
そしてトレーニングの目標は骨盤底の柔軟性を強度を高めることにあります。

背骨のストレッチを行ったことがあるでしょうか。
ヨガでいう「猫のポーズ」というとイメージしやすいかもしれません。
ネットで「猫のポーズ」で検索をかけてみると、関連語句としてダイエットや内臓機能の調整、良姿勢への改善などというキーワードが出てきます。
これは、猫のポーズは背骨、背中のストレッチなのですが、同時に骨盤底へも働きかけていると考えることができます。
背中の筋肉の血液循環も良くなるため、筋肉の代謝が良くなり、ダイエットにも効果的と言われているのだと考えることができますね。
骨盤底トレーニングは内臓の機能も調整してくれるので、背骨のストレッチにも骨盤底を意識して取り組むとより効果的であることが予測できます。

では尾骨から始まる背骨のストレッチの方法を確認していきます。

  1. 参考文献
    フランクリン・メソッド 骨盤力
    骨盤底トレーニングの理論から実践まで丁寧に書かれています。
  2. 方法 
    開始姿勢は四つ這いです。背骨と頭は一直線の位置関係とします。
    ①背骨と頭は一直線のまま、尾骨と座骨結節で背骨、上半身を押し出します。尾骨、座骨結節から前への推進力を得たイメージで、頭は磁石で前に引き寄せられるようなイメージです。

    f:id:happyhealth:20160420231124j:plain

    ②次に頭の頂上から軽く押されるようなイメージで後ろに下がります。座骨結節、尾骨は磁石で後ろに引き寄せられるようなイメージです。

    f:id:happyhealth:20160420231747j:plain

骨盤ー背骨ー頭部の相互関係、つながりを感じながら行うようにしましょう。
立つ、座るなど様々な動きはすべて連動性があります。骨盤はその中心にあるものなので、上半身、下半身に大きな影響を与えやすいのです。
このストレッチは骨盤底、背中全体を広げるようなストレッチになりますから、トレーニングの後に色々な動きをして、その変化を知覚してみてください。