読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ療法士直伝!自分でできる骨盤底トレーニング!あなたの骨盤のねじれ、背骨のねじれを知る方法!

骨盤底トレーニング

【スポンサーリンク】

骨盤調整に関しての話題です。
自分の骨盤はどのようにねじれているでしょうか。
自分の背骨はどのようにねじれているでしょうか。骨盤、背骨のねじれの状態を知ることは、自分の体の状態を把握することにつながります。また、それは同時に知覚力を高めることにつながります。

誰にでも多少のずれ、ねじれはあるものですが、アンバランスさが許容量を超えてくると、痛みとなってくるのです。その頃には組織にかなりの負担がかかっている状態と言えます。このアンバランスさに気づく知覚力を高めておくことで、痛みを防ぐために日常生活上の動きを注意したり、骨盤を調整するきっかけになるのではないかと考えます。

では骨盤、背骨のねじれを把握する方法を紹介していきます。

  1. 参考文献
    フランクリン・メソッド 骨盤力
    骨盤底トレーニングの基礎から実践まで丁寧に書かれています。
  2. 方法
    ①立った姿勢で行います。左右の骨盤に手を添えます。右の骨盤を前に押し出し、同時に左の骨盤を後ろに押し出します。
    ②今度は逆で、左の骨盤を前に押し出し、右の骨盤を後ろに押し出します。

    f:id:happyhealth:20160416225544j:plain

    この時の左右の違いを感じ取ります。
    理想的なのは①②とも同じように感じることです。
    例えば、私の場合、右の骨盤の方が前に押し出しやすのですが、この時背骨は左側にねじれています。そのため、腰は左側にねじれやすいです。

    f:id:happyhealth:20160416230037j:plain

    f:id:happyhealth:20160416230617j:plain

まずは自分の骨盤の状態を知りましょう。
そして、トレーニングを通して骨盤の変化を感じ取りながら、柔軟で強度の高い骨盤底を目指していきましょう。