読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ療法士直伝!自分でできる骨盤底トレーニング!坐骨結節の動きを確認しよう!

骨盤底トレーニング

【スポンサーリンク】

言葉の確認です!

「坐骨結節」どこでしょう?


図(フランンクリン・メソッド 骨盤力より)

f:id:happyhealth:20160326215534j:plain

座面に座った時に、面にあたるお尻の骨が坐骨結節になりますね。

今回はこの坐骨結節の動きを確認していこうと思います。

坐骨結節は骨盤の一部をなす骨です。そのため坐骨結節の動きが悪い(骨盤底の緊張度が高い)と、膝に負担がかかることがあります。
また逆に骨盤底の緊張度が張りがなくゆるい状態だと背中をそりすぎてしまう傾向にあります。そのため腰に負担がかかりやすくなってしまいます。

よく女性の一見きれいに見える反り姿勢も、実は背中、腰に負担がかかっていたということはよくある話ですね。

繰り返しになりますが、坐骨結節の動きを確認することは、自分の体の状態や変化を捉える知覚力を向上させることができます。
また骨盤を形作る骨の位置を知ることは、イメージ力を高める一助となりますので、今回の坐骨結節の動きの確認もしっかりと行っていきましょう。

坐骨結節の動きの確認

 両足を大きめに開き、足を曲げ伸ばしして動きの確認をします。

 ①指先で両方の坐骨結節を触ります。足を曲げていくと、両方の坐骨結節が離れてい  くことが確認できます。
 図(フランクリン・メソッド 骨盤力より)

 f:id:happyhealth:20160330220212j:plain

 ②逆に足を伸ばしていきます。すると坐骨結節が近づいていくことがわかります。
 図(フランクリン・メソッド 骨盤力より)
 f:id:happyhealth:20160330220421j:plain

いかがでしょうか?

坐骨結節の動きを意識することは普段の生活のなかではまずないと思います。

骨盤底のトレーニングにおいては、このような小さい動きを意識することが重要になります。

また次回、細やかな動きを確認していきたいと思います。