自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ療法士直伝!自分でできる肩こり、肩の痛み解消法!羽ばたけ肩甲骨!

【スポンサーリンク】

今回は肩甲骨体操です。

以前にも肩甲骨体操はお伝えしました。

肩甲骨体操には色々な方法があるので、自分で試していく中で「こらなら楽になったかも」と思える方法を選択していくことをお勧めします。

どちらにせよ、自分で動かす事をしなければ肩周囲の筋肉の緊張はとれません。マッサージだけでは体の表面の筋肉はほぐれ血行は良くなりますが、肝心の深層の筋肉の血行不良は解消されません。

深層の筋肉の血行を良くするには、体の中心部にある肩甲骨を動かす事が最適な答えなのです。

今回は肩甲骨を翼に例えて、翼が羽ばたくようなイメージで肩甲骨を動かしていく運動を紹介します。

  1. 参考書籍
    フランクリン・メソッド 首のリラックス肩の解放
    イメージと実際の動きを組み合わせながら肩のリラックスを促すことが書かれています。一般の方にも読みやすい内容となっています。

    f:id:happyhealth:20160316212916j:plain

  2. 方法
    ①指を組み(左右それぞれ小指と人差し指を対応させます)、肩を前方に挙げます。肘は手と同じ高さで、両肘は外に引っ張り合います。
    ②背中を丸くしながら肩甲骨を外側に動かします。
    ③背中を伸ばしながら肩甲骨を内側に動かします。
  3. ポイント
    息は止めずに呼吸をしながら行います。
    回数は10回程度行うと良いでしょう。
    肩甲骨の内外への動きがスムーズに動くように意識して行いましょう。
    イメージは翼(肩甲骨)が動いて羽ばたいていく感じです。

この運動を行うと、不思議と肩甲骨周りが軽く感じませんか?

意識的に肩甲骨を動かすことは、普段意識しない肩甲骨の位置を確認できる良い機会になります。さらに、翼が羽ばたいていくイメージを持ちながら行うことでも、体の協調性や柔軟さを獲得することを促すことができます。