読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ療法士直伝!自分でできる肩こり、肩の痛み解消法!上腕三頭筋を緩めてみた!

肩こり解消法

【スポンサーリンク】

今回は上腕三頭筋を緩める方法です。

上腕三頭筋は肘を伸ばす筋肉として代表的なのですが、筋肉の一部が肩甲骨についているので、肩こり、肩の痛みに関係してくる筋肉でもあるのです。

上腕三頭筋は荷物を長い時間下げて持っているだけでも緊張してしまいます。ということは、女性でバッグを持って歩いているだけで常に緊張しているのです。その緊張は筋肉を硬くし、また血行不良にもつながります。

上腕三頭筋を緩めるだけで肩の上がりやすさが変わることもあります。

肩こり解消のコツは自分で動かすことです!

マッサージのみでは根本的に解決されることはないかと思います!

上腕三頭筋の緩め方

  1. 上腕三頭筋とは(ネッター解剖学アトラス原書第3版より)

    f:id:happyhealth:20160315192950j:plain


    3つの頭に分かれており、肩甲骨から肘の部分(尺骨)についています。
  2. 緩め方(右上腕三頭筋の場合)
    参考書籍は
    痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR
    いつもお世話になっている専門書です。

    f:id:happyhealth:20160216192243j:plain
    ①右肘は曲げたままで、右肩を外に開きます。左手人差し指から薬指で右脇付近の上腕三頭筋を押さえ、肘の方向に寄せます。

    f:id:happyhealth:20160315190351j:plain

    ②左手の圧はそのままに、右の腕を上まで挙げていきます。

    f:id:happyhealth:20160315191239j:plain

  3. ポイント
    上腕三頭筋の位置がわかりにくければ、右肩を外に開いた位置から肘を伸ばすと、筋肉が膨らむので、その位置が上腕三頭筋です。圧を加える方法に加えて、上腕三頭筋の上にある皮膚をつまんで行うことでも効果があります。

 上腕三頭筋は普段はなかなか意識しない筋肉です。腕をよく使う仕事をしている方(我々含めて)は、肩こりの原因となっていることもあるので、日頃から緩めておくことで肩こり解消、予防になるかもしれません。