読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ療法士直伝!自分でできる肩こり、肩の痛み解消法!小円筋を緩めてみた!

肩こり解消法

【スポンサーリンク】

今回は小円筋を緩める方法です。

小円筋は、以前紹介した棘下筋と同じく、上腕骨を外に回す運動(外旋)に関与している筋肉です。五十肩などの状態の方は、この筋肉が固くなっていたり、伸びににくくなっていることが多いです。 

肩こり解消のコツは自分で動かす事です!

マッサージのみでは根本的に解決されることはないかと思います!

小円筋の緩め方

  1. 小円筋とは(ネッター解剖学アトラス原書第3版より)

    f:id:happyhealth:20160309224119p:plain


    肩甲骨の外側縁の下より、上腕骨についています。
  2. 緩め方(右小円筋の場合)
    参考書籍は
    痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR
    いつもお世話になっている専門書です。

    f:id:happyhealth:20160216192243j:plain

    ①まず小円筋の場所を探します。右肩を外側に挙げ、内側に回します(内旋)。左手を右肩甲骨の外側縁にあて、右の肩を外に回します(外旋)。このとき膨らむ筋肉が小円筋です。

    f:id:happyhealth:20160310193139j:plain

    f:id:happyhealth:20160310193313j:plain

    ②小円筋を探したら、右肩を外側に挙げ、肩を外に回した位置がスタートポジションです。左手の人差し指から薬指で小円筋を押さえ、肩甲骨の下に向かって引き寄せます。

    f:id:happyhealth:20160310193453j:plain

    ③左手の圧はそのままで、右の肩を内側に回します(内旋)。

    f:id:happyhealth:20160310193629j:plain

  3. ポイント
    小円筋は圧を加えると結構な痛みが生じることがあります。自分で圧を調整しながら緩めていくとよいでしょう。

小円筋は棘下筋とともに、関節の可動範囲に影響を与えやすい筋肉です、それだけ酷使されやすい筋肉にもなっているので、日常的に自分で緩めることは予防的にも重要になってきます。