読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ療法士直伝!自分でできる肩こり、肩の痛み解消法!頭板状筋を緩めてみた!

【スポンサーリンク】

今回は頭板状筋の緩め方です。

この筋肉の名前は普段の生活の中では中々聞く事がないと思います。この筋は首の上下の動きに関与している筋肉です。首を上に向けにくい方は頭板状筋が固くなっていたり、伸びにくくなっている方が多いです。このブログでは何度か説明していますが、首のこりと肩こりは深い関係にあります。そのため、首の筋を緩める事は肩こり軽減にもつながります。また、首に関与する筋肉は、交通事故等の衝撃による鞭打ちというような場合に過剰に緊張してしまうことがあるため、首周囲の筋肉を緩めることが重要になってきます。

肩こり解消のコツは自分で動かす事です!

マッサージだけでは根本的に解決されることはないかと思います!

頭板状筋の緩め方

  1. 頭板状筋とは(ネッター解剖学アトラス原書第3版より)

    f:id:happyhealth:20160308225946j:plain


    下位頚椎から後頭骨の外側、乳様突起についています。
  2. 緩め方(右頭板状筋の場合)
    参考書籍は
    痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR
    いつもお世話になっている専門書です。

    f:id:happyhealth:20160216192243j:plain
    ①首を上向きにし、さらに右に倒し、右に回します。右手の人差し指から中指で、右頭板状筋を押さえ、背骨の下(中心寄り)の法へ引き寄せます。

    f:id:happyhealth:20160309204958j:plain

    ②右手の圧はそのままで、首を下向きにし、さらに左に倒し、左に回します。

    f:id:happyhealth:20160309205325j:plain

  3. ポイント
    頭板状筋全体に対して、数回ずつ行うと良いでしょう。

よく肩や首のこりから頭痛になっている方を見かけます。緊張性頭痛というのですが、この予防策という点でも、首回りの筋をほぐすことは大事になってきます。