読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ療法士直伝!自分でできる肩こり、肩の痛み解消法!広頸筋を緩めてみた!

肩こり解消法

【スポンサーリンク】

今回は広頸筋の緩め方です。

広頸筋は頸の筋肉なのですが、猫背で、首が前方に出ているような姿勢をとっている方はこの筋肉が縮まりやすいです。猫背で首が前方に出ていると、首から肩にかけてついている筋肉は引っ張られてしまいます。そうなると、引っ張られている筋肉の血流は悪くなり、筋肉も硬くなってしまいます。

 よく肩こりと共に首がこっていると訴える方も多いですが、首の筋肉と肩の筋肉は深く関係していることがわかると思います。

広頸筋を緩めた後で、頸の筋肉に対するトレーニングをすることで猫背改善へとつながっていきます。

肩こり解消のコツは自分で動かすことです。

マッサージだけでは根本的に解決できないと思われます。

 

広頸筋の緩め方

  1. 広頸筋とは(ネッター解剖学アトラス原書第3版より)

    f:id:happyhealth:20160303205855j:plain

    広頸筋は顎から首を通り、鎖骨周辺までついています。表面にある筋肉です。

  2. 緩め方(右広頸筋の場合)
    参考書籍は
    痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR
    いつもお世話になっている専門書です。

    f:id:happyhealth:20160216192243j:plain

    ①首は右下を向き、鎖骨に沿い左手全体を置き、やや下に引っ張ります。

    f:id:happyhealth:20160303212228j:plain

    ②左手の圧はそのままで、首を左上に向きます。

    f:id:happyhealth:20160303212416j:plain

  3. ポイント
    広頸筋は伸ばすときにかなりの痛みを感じることがあります。そのため自分で圧、伸ばし方をコントロールしながら徐々に緩めていってもよいかもしれません。緩めていくうちに痛みは軽減していくはずです。

 猫背からくる首や肩のこり、痛みは結構な数の方が感じていると思います。首、肩周囲にはたくさんの筋肉があり、人それぞれ痛みやこりのポイントも違います。このブログで載っていることを全て行い肩こり予防に活用してもよいですし、自分がこっていると感じる筋肉の場所を探して緩めていくのも一つの方法だと思います。