上肢ブルンストロームステージⅣに向けたリハビリテーション

上肢ブルンストロームステージⅣでは、「手を体の後ろへ」「水平位へ腕を前方挙上する」「肘屈曲位で前腕の回内ー回外」ができることになっています。これらは、屈筋共同運動や伸筋共同運動のどちらでもないですが、これらの動きに必要な筋肉の働きの組み合わせが適切になされ、適切なタイミングで収縮する必要があります。…