ブルンストロームステージ1から3における伸筋共同運動獲得までのリハビリテーション

ブルンストロームステージの1から3の段階では、弛緩状態から痙性の出現、そして共同運動パターンの出現というような状態がみられます。今回、ブルンストローム法を用いた伸筋共同運動獲得までのリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。