作業療法士でもわかる歩行のバイオメカニクス!Forefoot Rockerの役割!

Forefoot Rockerは立脚後期に形成されます。立脚後期では身体の回転軸が足関節から足のMP関節に移動しますが、このときには腓腹筋の強力な筋力が必要となります。今回、Forefoot Rockerのバイオメカニクスについて、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。