読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

精神科から読み解くアパシー(意欲障害)、うつ状態との関係

今回、精神科の立場から読み解くアパシー(意欲障害)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

神経内科から読み解くアパシー(意欲障害)ー定義、原因、頻度ー

アパシー(意欲障害)について、神経内科からの視点による定義や、原因と頻度などを文献を参考にまとめていきたいと思います。

FAB(前頭葉機能検査)の概要、結果の解釈

前頭葉機能を評価する検査に、FAB(Frontal Assessment Battery at bedside)があります。FABは短時間で実施できる検査で、おおまかな遂行機能を把握することができますが、結果の解釈には年齢も考慮する必要があります。今回、FAB(前頭葉機能検査)の概要…

BADS(遂行機能障害症候群の行動評価法)の概要と結果の解釈

遂行機能障害の行動評価バッテリーとして、BADS(遂行機能障害症候群の行動評価法)があります。今回、BADSの概要と結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

DEX質問票による遂行機能の質的評価

遂行機能の質的評価として、BADS遂行機能障害の質問票(DEX)があります。DEXの質問をもとに、実際に起こっていることを詳しく尋ねることで、日常生活上の問題点を把握するのに役立つことがあります。今回、DEX質問票による遂行機能の質的評価について、文献…

語流暢性課題(語想起)の概要と遂行機能評価、結果の解釈に向けて

遂行機能を評価する方法のひとつに、流暢性課題(語想起という場合もあり)があります。今回、語流暢性課題(語想起)の概要と遂行機能評価、結果の解釈について、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

意欲・発動性低下の基礎知識(分類、病態)と捉え方

意欲、発動性の障害は脳損傷患者において見られる病態のうちのひとつです。自発性の障害には様々な名称や捉え方があります。今回、意欲・発動性低下の基礎知識(分類、病態)と捉え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

Stroop Testの目的、実施方法と遂行機能(選択的注意)の評価

遂行機能や選択的注意機能を評価する検査のひとつに、Stroop Testがあります。Stroop現象には様々な解釈があり、検査には日本で使用できる標準化されたものはありませんが、その結果を解釈することが遂行機能評価においては重要です。今回、Stroop Testの目…

メモリーノートの使用による記憶障害に対するリハビリテーション

記憶障害がある方に、外的補助具であるメモリーノートを使用することが有効になる場合があります。メモリーノートにより記憶の代償ができれば、やらなければいけないこと、約束事、予定などの管理ができるようになる場合もあります。今回、記憶障害に対する…

生活健忘チェックリストによる記憶障害の評価

記憶障害の日常生活で起こりうる事を把握したい場合に有用な評価が、生活健忘チェックリストです。生活健忘チェックリストを用いることにより、日常生活上起こりうる問題を把握するだけでなく、患者自身の記憶力の変化(衰退)に対する認識を評価することも…

日本版リバーミード行動記憶検査(RBMT)の概要と結果の解釈

リバーミード行動記憶検査(RBMT)は、日常生活上の記憶障害の検出や、記憶障害に対するアプローチによる変化を評価する目的で使用されます。今回、日本版リバーミード行動記憶検査(RBMT)の概要、実施方法と結果の解釈について、文献を参考にまとめていき…

半側空間無視の病識(自覚、アウェアネス)低下に対する知識と評価、アプローチ

半側空間無視が存在すると、患者が自分の無視症状に対して気づいていないことがよく観察されます。患者は見落としていることを把握していませんが、他者から何度も指摘されることでそのことを知識として受け入れることもあります。リハビリテーションにおい…

遂行機能評価:Wisconsin Card Sorting Test(WCST)の概要と結果の解釈

前頭葉機能低下により、遂行機能障害が生じる可能性があります。遂行機能の評価のひとつに、Wisconsin Card Sorting Test(WCST:ウィスコンシンカードソーティングテスト)があります。今回、Wisconsin Card Sorting Testの外湯と結果の解釈について、文献…

記憶障害の認識(アウェアネス)を評価するための方法

記憶障害に関わらず、自分の現状や病状、日常生活への影響を理解し、把握していることは、リハビリテーションを進めていく上では重要です。リスク行動の回避になったり、自分にとって不利益になることが少なくなるためです。今回、記憶障害の認識(アウェア…

聴覚言語性学習検査(Rey Auditory Verbal Learning Test(AVLT))の検査方法と注意点、結果の解釈

聴覚言語性学習検査(Rey Auditory Verbal Learning Test(AVLT))は言語性記憶を評価できる検査法のひとつです。エピドード記憶に障害がある患者では、会話の内容を忘れることがあるため、このような評価を行うことは大変重要です。今回、聴覚言語性学習検査…

三宅式記銘力検査の実施方法と注意点、結果の解釈

言語性記憶検査における評価法のひとつとして、三宅式記銘力検査があります。今回、三宅式記銘力検査の実施方法と実施における注意点、結果の解釈について、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

コース立方体テスト(目的、方法、IQ算出、結果の解釈)と、頭頂葉・後頭葉、前頭葉領域障害による取り組み方の違い

コース立方体テストは、構成障害の程度を評価する際に用いられますが、元々は一般知能(知的の全ての課題に影響する因子)を測定する検査になります。今回、コース立方体テストの結果の解釈と、脳の各領域別の取り組み方の違いについて、文献を参考にしなが…

Trail Making Test(TMT)の理解と正しい実施方法、解釈に向けて

注意機能や遂行機能障害の検査としてよく使用されるものにTrail Making Test(TMT)があります。TMTは簡単に実施できる検査ではありますが、正しい方法や間違ったときの修正方法など、意外に知られていないこともあります。そこで今回、TMTの理解と実施方法…

注意障害の症状と評価〜リハビリテーションに向けての検査法と解釈〜

注意機能には様々な役割があり、それぞれが複雑な制御によって機能し合い、日常生活動作の遂行を可能にしています。今回、注意障害の理解とリハビリテーションに向けての評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害の評価*Rey複雑図形検査の実施と結果の解釈に向けて

Rey複雑図形検査(Rey-Osterrieth Complex Figure Test(ROCFT))は、脳損傷患者の視空間知覚・構成機能と非言語性視覚記憶を測定するために、スイスのRey(1941)によって開発された検査です。標準化検査として整備したのはベルギーのOsterriethになります…

身体認知の障害に対する知識と評価方法

自分の体の状態に対する認識や、体の位置関係がわかりにくい場合、生活上どのような不具合が起こるでしょうか。臨床においては「ボディイメージが低下している」などいう場合もあります。今回は身体認知の障害について、文献を参考にその知識と評価方法を整…

身体に対する無視についてー半側身体失認などを中心にー

身体に対する無視は、麻痺している上肢(主に)が自分のものだという所属感がない症状のことを言います。これには半側身体失認、身体パラフレニアなどがあります。今回、身体に対する無視症候群について、文献を参考に知識の整理、リハビリテーションの考え…

片麻痺に対する病態失認とリハビリテーション

片麻痺の存在を無視したり、否認する症状を、片麻痺に対する病態失認といいます。今回病態失認について、文献を参考に知識の整理をしていきたいと思います。

構成障害と評価、解釈ー構成が崩れる要素とはー

高次脳機能障害のひとつに構成障害があります。今回、構成障害の基本と評価、その解釈について文献を参考にしながら整理していきたいと思います。

意外に難しいMMSEの実施・採点方法、本当に合ってますか?

認知症のスクリーニングテストでは、MMSE(Mini-mental state Examination)とHDS-R(長谷川式簡易知能評価スケール)が代表的です。今回2つのスクリーニングテストの対比と、実施上の注意点について、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害の、数に関する障害の知識と評価

高次脳機能障害を呈すると、数に関する障害が見受けられる方がいます。その内容は数の概念、計算、貨幣の理解(金銭管理)、時計の理解など様々です。今回は、数に関する障害の知識とその評価方法を、文献を参考にしながら整理していきたいと思います。

高次脳機能障害の、数に関する障害の知識と評価

高次脳機能障害を呈すると、数に関する障害が見受けられる方がいます。その内容は数の概念、計算、貨幣の理解(金銭管理)、時計の理解など様々です。今回は、数に関する障害の知識とその評価方法を、文献を参考にしながら整理していきたいと思います。

着衣障害あるいは着衣失行の理解とその評価

衣服が上手く着ることができない方に対して、どのような原因があるのでしょうか。運動、感覚、高次脳機能障害など様々な要因が考えられます。今回は着衣障害について、高次脳機能面を中心にすえ、文献を参考にしながら整理していきたいと思います。

失語症の評価としてのスクリーニング検査の実際

失語症の方が目の前にいるときに、どのようにしてその方の症状の程度を把握すればよいでしょうか。失語症の検査には標準化されたものがいくつか存在します。自分が勤めている病院では言語聴覚士が検査を行っているのですが、作業療法士、その他の医療従事者…

失語における聴覚的理解の評価の視点

失語症における聴覚的理解の障害について、恥ずかしながら自分は理解があいまい、理解不十分というような程度でしか評価の視点がありませんでした。今回は、失語における聴覚的理解の評価の視点について、文献を参考にしながら整理していきたいと思います。

失語における発話障害の理解と評価の視点

失語のためコミュニケーション障害がある方の評価において、恥ずかしながら表出、理解が不十分、あいまいなど、なんとも全体像をつかめていない評価になっていることが今まで多々ありました。そこで今回、失語の発話障害における評価の視点を文献を参考に整…

半側空間無視のリハビリテーションアプローチ

半側空間無視の治療的介入には様々なものがあります。今回、リハビリテーションアプローチを文献を参考にして整理していきたいと思います。

半側空間無視の病巣についての理解

半側空間無視は、中大脳動脈領域の後半部、もしくは全域の脳梗塞でよく見られます。昔から側頭ー頭頂接合部付近が病巣部位として言われていましたが前頭葉、側頭葉、視床、内包後脚、基底核など様々な部分でも起こりえます。そこで、今回は半側空間無視の病…

視野検査(対座法)の正しい方法の理解と半側空間無視との関係

半側空間無視と視野障害の鑑別は、患者様の全体像をとらえる上でも重要です。今回、視野検査として対座法の行い方と結果の捉え方、視覚消去現象など半側空間無視との関連性について、文献を参考にしながら整理していきたいと思います。

BIT行動性無視検査日本版(BIT)の検査項目の特徴と結果の捉え方

半側空間無視の検査方法のひとつに、BIT行動性無視検査日本版(BIT)があります。今回、BITの各検査項目の特徴と、その結果の捉え方について、文献を参考に整理していきたいと思います。

半側空間無視の特徴とその症状

健康な人間は左右を平等に見ることができます。半側空間無視は、その一側が障害されます。それにより日常生活上様々な弊害を生じさせてしまいます。今回、半側空間無視の特徴とその症状について、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

日常生活上観察される高次脳機能障害の各特性と予測される問題

高次脳機能障害は精神障害と同様に外見上わかりにくい障害です。今回、高次脳機能障害による、日常生活上観察されうる問題を整理することで、観察の視点となるではないかと思いまとめることにしました。