自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

脊髄損傷

脊髄損傷と移乗動作(直角移乗)のリハビリテーションとポイント

脊髄損傷者では、移乗動作を自分で行えるか否かで、QOLに大きく関わります。今回、脊髄損傷者の移乗動作(直角移乗)のポイントについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷の座位バランス評価と訓練のポイント

脊髄損傷では、移動や移乗の中心となるのは座位です。安全で安定した座位を保持できることが大切になります。今回、脊髄損傷の座位バランス評価と訓練のポイントについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷における起き上がり動作の方法とポイント

脊髄損傷における起き上がり動作では、残された上肢機能を効率良く用いることが動作遂行のポイントとなります。今回、脊髄損傷における起き上がり動作の方法とポイントについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷の寝返り動作の方法とポイント

脊髄損傷の寝返り動作では、限られた上肢機能を効率よく使用することがポイントとなります。今回、脊髄損傷の寝返り動作の方法とポイントについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷とプッシュアップ動作!レベル別に見た必要な筋機能と練習方法

脊髄損傷者において、プッシュアップ動作は移乗やベッド上の移動など、様々な場面で用いられる技術です。今回、脊髄損傷とプッシュアップ動作における、レベル別に見た必要な筋機能と練習方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高位脊髄(頸髄)損傷とリハビリテーション

今回、高位脊髄(頸髄)損傷とリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷と異所性骨化!その対応と予防、リハの注意点!

脊髄損傷において、異所性骨化の存在は、リハビリテーションやADLを阻害する要因になります。今回、脊髄損傷と異所性骨化、その対応と呼ぼうについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷と拘縮予防!拘縮によるADLへの影響!

脊髄損傷では、運動麻痺により不動になりがちで、そのため関節拘縮が発生しやすい特徴があります。今回、脊髄損傷と拘縮予防、拘縮によるADLへの影響について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ザンコリの四肢麻痺上肢機能分類(完全損傷)の臨床での使い方

脊髄損傷(完全損傷)の上肢機能の分類に、ザンコリの四肢麻痺上肢機能分類があります。今回、それを臨床でどのように使用していくかについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷と褥瘡好発部位!予防のための小枕の使用方法!

脊髄損傷者にとって、褥瘡予防は生涯注意しておく必要があります。褥瘡対策のポイントは、何よりも予防にあります。今回、脊髄損傷者における褥瘡好発部位と予防のための小枕の使用方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷における損傷部位と呼び方、レベルと症状の覚え方

脊髄損傷で「C5損傷」と言われたときに、パッと大まかにどのような状態を指しているかわかるでしょうか。今回は、脊髄損傷における損傷部位と呼び方、レベルと症状の覚え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷と排便機能障害!メカニズムから症状まで!

脊髄損傷の排便機能障害では、主に便秘が起こります。今回、脊髄損傷における排尿機能障害のメカニズムや症状について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷と排尿機能障害!メカニズムから症状まで!

脊髄損傷の排尿機能障害では、尿意がない、尿失禁が起こる、尿が出なくなるなどの問題が起こります。今回、脊髄損傷における排尿機能障害のメカニズムや症状について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷の手の管理と機能的な関節可動域(ROM)訓練

脊髄損傷において、特に急性期での手の管理は拘縮を防ぐ上でも重要になります。また、機能的な手指動作を獲得するための関節可動域訓練も知っておく必要があります。今回、脊髄損傷の手の管理と機能的な関節可動域(ROM)訓練について、文献を参考にまとめて…

脊髄損傷と手で踏めるアクセル・ブレーキ「ハンドコントロール」

最近話題の手動運転装置「ハンドコントロール」について興味があったので、調べて見ました。

脊髄損傷での足こぎ車椅子「COGY」使用体験!リハビリとしての利用を考える!

足こぎ車椅子「COGY」をご存知でしょうか。脳卒中やパーキンソン病、脊髄損傷などで筋力低下や関節拘縮があっても、残存能力を使い足こぎによる移動ができる車椅子です。最近、脊髄損傷の方が「COGY」を利用する機会がありました。驚きと感動もありましたが…

脊髄損傷(不全型)の痛み、異常感覚の発生機序とリハビリテーション

脊髄損傷者で痛みや異常感覚が生じている場合、機能低下やADL低下につながり、患者にとって大変大きなストレスがかかることになります。今回、脊髄損傷(不全型)の痛み、異常感覚の発生機序とリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思…

脊髄損傷者の妊娠、出産、育児について知っておくとよいこと

女性脊髄損傷者の妊娠、出産、育児については、周囲からサポートが受けられる場合と、そうでない場合により、対策が異なってきます。今回、脊髄損傷者の妊娠、出産、育児について知っておくとよいことを、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊髄損傷者の住宅改修のポイント!排泄、入浴方法のいろいろ!

脊髄損傷者では、住宅改修を適切に行うことで、自立した生活が可能になったり、支援を受けながら自宅で生活することが可能になります。今回、脊髄損傷者の住宅改修のポイントについて、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

脊髄損傷の褥瘡評価と褥瘡予防

脊髄損傷者では四肢麻痺などの影響から、褥瘡を発生する可能性が高くなります。褥瘡対策としては予防が重要で、対象者の状態に合わせた環境設定や動作方法の指導を行うことが必要になります。今回、脊髄損傷の褥瘡評価と褥瘡予防について、文献を参考にまと…

脊髄損傷における自律神経過反射、起立性低血圧への対応とリハビリテーション

脊髄損傷の自律神経障害のなかに、自立神経過反射と起立性低血圧があります。今回、自律神過反射、起立性低血圧への対応とリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脊損の評価!ASIA(脊髄損傷の標準神経学的分類法)の概要と実施方法

脊髄損傷のリハビリテーションでは、その評価としてAISAが用いられることがあります。今回、ASIA(脊髄損傷の標準神経学的分類法)の概要と実施方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。