自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

神経解剖学・神経行動学

注意障害に対するリハビリや介助の際の支援の視点

注意障害があると、日常生活の遂行に支障をきたします。今回、注意障害に対するリハビリや介助の際の視点について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害で、空間関係の障害がある場合のリハビリテーション

高次脳機能障害の中に、空間関係の障害があります。今回、空間関係の障害のリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害で動作の順序の間違いやペースに問題がある場合のリハビリテーション

高次脳機能障害の中で、動作の順序を間違えたり、ペースが速すぎて質的に問題がある(ペーシング)ような対象者に対するリハビリテーションの考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

失行のリハビリテーション(エラーレス訓練、直接訓練と探索訓練、課題特異型訓練)

失行のリハビリテーションには様々なアプローチがあります。以前、方略訓練についての記事を書きましたが、今回は、エラーレス訓練、直接訓練、探索訓練、課題特異型訓練について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

失行に対する代償のための方略訓練のポイント

失行症のアプローチの一つに、方略訓練があります。今回、方略訓練の概要と実施のポイントについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

失行症に対する適切な動作の促し方:訓練の考え方や環境設定、遂行中の誘導について

失行症に対するアプローチでは、適切な動作を促すことが重要になります。今回、失行症に対する動作の促し方として、訓練の考え方や環境設定、遂行中の誘導について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脳の構造と機能:大脳基底核の働きと機能障害、部位の同定

リハビリテーションにおいて、脳の構造を理解することは、画像読解に役立ち、脳の機能を理解することは、動作の観察やなぜ動作遂行上のエラーが生じるかの考察に役立ちます。今回、大脳基底核の働きと機能障害について、文献を参考にまとめていきたいと思い…

失行症の評価の視点!観察による能力障害とエラーの種類、洞察力を知るために!

失行症の対象者は、自分の障害に気づいていないことが多く、リハビリテーションをどのように計画するかについて、悩むこともあります。課題遂行の観察により、対象者にどのような能力障害やエラーの種類があり、洞察力について把握できると、治療計画立案の…

高次脳機能障害の行動変容につなげる洞察力、エラー検出、戦略発展能力の促し方

高次脳機能障害のリハビリテーションアプローチでは、促しや手がかりを用いて認知と知覚の処理を改善させていくことが必要になります。今回、高次脳機能障害の行動変容につなげる洞察力、エラー検出、戦略発展能力の促し方について、文献を参考にまとめてい…

高次脳機能障害のアウェアネス低下に対するアプローチ

高次脳機能障害へのアプローチを行う前には、自分の障害や能力に対する自己認識(アウェアネス)がどの程度あるかを評価することが大切になります。今回、高次脳機能障害のアウェアネス低下に対するアプローチについて、文献を参考にまとめていきたいと思い…

高次脳機能障害のリハビリテーション計画における注意点

高次脳機能障害のリハビリテーションでは、その計画において環境、汎化などについて検討する必要があります。今回、高次脳機能障害のリハビリテーション計画における注意点について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害に対するリハビリテーションの原則!アプローチの決定方法!

高次脳機能障害に対するアプローチでは、機能障害、活動制限、参加制約に対して向けられている必要があります。対象者によって、どのようにアプローチするのかを決定するのに、臨床では迷う場面があります。そこで今回、高次脳機能障害に対するリハビリテー…

食事動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害

ADLの動作観察を行う際、運動・感覚・高次脳機能面の中で、どの要因によって遂行上のエラーが生じているかを検討することが大切になります。今回、整容動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

起居移乗、移動動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害

ADLの動作観察を行う際、運動・感覚・高次脳機能面の中で、どの要因によって遂行上のエラーが生じているかを検討することが大切になります。今回、更衣動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

更衣動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害

ADLの動作観察を行う際、運動・感覚・高次脳機能面の中で、どの要因によって遂行上のエラーが生じているかを検討することが大切になります。今回、更衣動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ADL観察に役立つ!側頭葉・後頭葉損傷により生じる症状(高次脳機能障害)

ADLを観察する上では、観察された遂行上のエラーがどのような機能障害により引き起こされているかを考えていくことが大切です。その際、対象者の脳の損傷されている部位からも照らし合わせていくことで、仮説が信頼性のある物に近づいていきます。今回、側頭…

ADL観察に役立つ!頭頂葉損傷により生じる症状(感覚、高次脳機能障害)

ADLを観察する上では、観察された遂行上のエラーがどのような機能障害により引き起こされているかを考えていくことが大切です。その際、対象者の脳の損傷されている部位からも照らし合わせていくことで、仮説が信頼性のある物に近づいていきます。今回、頭頂…

ADL観察に役立つ!前頭葉損傷により生じる症状(運動、高次脳機能障害)!

ADLを観察する上では、観察された遂行上のエラーがどのような機能障害により引き起こされているかを考えていくことが大切です。その際、対象者の脳の損傷されている部位からも照らし合わせていくことで、仮説が信頼性のある物に近づいていきます。今回、前頭…

視空間・空間関係の障害とADL、リハビリテーション

視空間・空間関係の技能には、奥行き知覚、空間関係の解釈、前景と背景を区別するような高次視覚情報処理があります。今回、視空間・空間関係の障害とADLについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ADL観察に役立つ!脳血管支配(脳底・椎骨動脈系)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

ADLを観察する上で、動作遂行上のエラーからどのような神経行動学的機能障害が関連しているかを考えることが大切です。この際、機能障害のパターンを知っておくことで、仮説がより信頼できるものに近づきます。今回、脳底・椎骨動脈支配領域における神経行動…

ADL観察に役立つ!脳血管支配(内頸動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

ADLを観察する上で、動作遂行上のエラーからどのような神経行動学的機能障害が関連しているかを考えることが大切です。この際、機能障害のパターンを知っておくことで、仮説がより信頼できるものに近づきます。今回、内頸動脈支配領域における神経行動学的異…

ADL観察に役立つ!脳血管支配(後大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

ADLを観察する上で、動作遂行上のエラーからどのような神経行動学的機能障害が関連しているかを考えることが大切です。この際、機能障害のパターンを知っておくことで、仮説がより信頼できるものに近づきます。今回、後大脳動脈支配領域における神経行動学的…

ADL観察に役立つ!脳血管支配(中大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

ADLを観察する上で、動作遂行上のエラーからどのような神経行動学的機能障害が関連しているかを考えることが大切です。この際、機能障害のパターンを知っておくことで、仮説がより信頼できるものに近づきます。今回、中大脳動脈支配領域における神経行動学的…

ADL観察に役立つ!脳血管支配(前大脳動脈)と神経行動学的異常(機能障害のパターン)!

ADLを観察する上で、動作遂行上のエラーからどのような神経行動学的機能障害が関連しているかを考えることが大切です。この際、機能障害のパターンを知っておくことで、仮説がより信頼できるものに近づきます。今回、前大脳動脈支配領域における神経行動学的…