自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリ

発達障害と問題行動!いたずら・不潔行為の解決に向けた考え方!

発達障害における問題行動ひとつに、偏食と丸のみがあります。今回、偏食と丸のみの解決に向けた考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害に対するリハビリテーションの原則!アプローチの決定方法!

高次脳機能障害に対するアプローチでは、機能障害、活動制限、参加制約に対して向けられている必要があります。対象者によって、どのようにアプローチするのかを決定するのに、臨床では迷う場面があります。そこで今回、高次脳機能障害に対するリハビリテー…

発達障害と問題行動!偏食と丸のみの解決に向けた考え方!

発達障害における問題行動ひとつに、偏食と丸のみがあります。今回、偏食と丸のみの解決に向けた考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

食事動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害

ADLの動作観察を行う際、運動・感覚・高次脳機能面の中で、どの要因によって遂行上のエラーが生じているかを検討することが大切になります。今回、整容動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

起居移乗、移動動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害

ADLの動作観察を行う際、運動・感覚・高次脳機能面の中で、どの要因によって遂行上のエラーが生じているかを検討することが大切になります。今回、更衣動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

発達障害と問題行動!パニックの解決に向けた考え方!

発達障害における問題行動ひとつに、パニックがあります。今回、パニックの解決に向けた考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

更衣動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害

ADLの動作観察を行う際、運動・感覚・高次脳機能面の中で、どの要因によって遂行上のエラーが生じているかを検討することが大切になります。今回、更衣動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

発達障害と問題行動!こだわり行動の解決に向けた考え方!

発達障害における問題行動として、こだわり行動があります。今回、こだわり行動の解決に向けた考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

発達障害と問題行動!衝動性、注意散漫の解決に向けた考え方!

発達障害における問題行動として、衝動性、注意散漫があります。今回、衝動性、注意散漫の解決に向けた考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

発達障害と問題行動!多動性の解決に向けた考え方!

発達障害における問題行動のひとつに、多動性があります。今回、多動性の解決に向けた考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

発達障害と問題行動!破壊行動・他害行為の解決に向けた考え方!

発達障害における問題行動として、破壊・他害行為があります。今回、破壊・他害行為解決に向けた考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

整容動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害

ADLの動作観察を行う際、運動・感覚・高次脳機能面の中で、どの要因によって遂行上のエラーが生じているかを検討することが大切になります。今回、整容動作で観察されうる運動・感覚・高次脳機能面の障害について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

発達障害と問題行動!常同・自傷行為の解決に向けた考え方!

発達障害における問題行動として、常同・自傷行為があります。今回、問題行動に対する考え方と、対処方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ADL観察に役立つ!側頭葉・後頭葉損傷により生じる症状(高次脳機能障害)

ADLを観察する上では、観察された遂行上のエラーがどのような機能障害により引き起こされているかを考えていくことが大切です。その際、対象者の脳の損傷されている部位からも照らし合わせていくことで、仮説が信頼性のある物に近づいていきます。今回、側頭…

ADL観察に役立つ!頭頂葉損傷により生じる症状(感覚、高次脳機能障害)

ADLを観察する上では、観察された遂行上のエラーがどのような機能障害により引き起こされているかを考えていくことが大切です。その際、対象者の脳の損傷されている部位からも照らし合わせていくことで、仮説が信頼性のある物に近づいていきます。今回、頭頂…

ADL観察に役立つ!前頭葉損傷により生じる症状(運動、高次脳機能障害)!

ADLを観察する上では、観察された遂行上のエラーがどのような機能障害により引き起こされているかを考えていくことが大切です。その際、対象者の脳の損傷されている部位からも照らし合わせていくことで、仮説が信頼性のある物に近づいていきます。今回、前頭…

視空間・空間関係の障害とADL、リハビリテーション

視空間・空間関係の技能には、奥行き知覚、空間関係の解釈、前景と背景を区別するような高次視覚情報処理があります。今回、視空間・空間関係の障害とADLについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

複視に対する3つのリハビリテーションの方法

脳卒中による複視に対するリハビリテーションは、大きく3つに分かれます。今回、その方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脳卒中による複視のリハビリテーション評価法

脳卒中後遺症の中で、複視はADL低下を引き起こす要因となります。今回、脳卒中による複視のリハビリテーション評価法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

視野障害(半盲)のリハビリテーション

視野障害があると、自動車運転、歩行、読書、食事などの日常生活動作を遂行する際の妨げになります。今回、視野障害(半盲)のリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

視力障害がある方への生活に対する対処と配慮

視力障害があると、生活の中で様々な困難性につながります。視力障害に対する生活での対処法や配慮店をすることは、対象者の生活行為の向上やQOLを向上する上でも重要といえます。今回、視力障害がある方への生活に対する対処と配慮について、文献を参考にま…

移動(バランス障害)のリスク認識の評価:ABCS(Activities Specific Balance Confidence Scale)の概要と実施方法

バランス障害のリスク認識の評価として、ABCS(Activities Specific Balance Confidence Scale)があります。今回ABCS(Activities Specific Balance Confidence Scale)の概要と実施方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

バランス障害の評価における面接での評価項目

バランス障害における対象者への面接を通して、セラピストはバランスの問題を理解することができます(もちろん動作観察でも)。主観的な情報を収集することにより、どのような生活機能に影響しているかを把握します。今回、バランス障害の評価のための面接…

リーチ動作の段階付けによる訓練は立ち上がり動作の改善につながる

リーチ動作の段階付けには、距離、方向、対象物など、様々な要素を考える必要があります。そして、リーチ動作訓練を行うことは、下肢の筋活動を活性化させ、それが立ち上がり動作の改善につながることがあります。今回、リーチ動作訓練の段階付けを中心とし…

脊髄損傷での足こぎ車椅子「COGY」使用体験!リハビリとしての利用を考える!

足こぎ車椅子「COGY」をご存知でしょうか。脳卒中やパーキンソン病、脊髄損傷などで筋力低下や関節拘縮があっても、残存能力を使い足こぎによる移動ができる車椅子です。最近、脊髄損傷の方が「COGY」を利用する機会がありました。驚きと感動もありましたが…

生活動作に基づく股・足関節・ステッピング戦略の促し方

平衡保持のためには、感覚(視覚、体性感覚、前庭覚)を利用するだけではなく、運動戦略も行われることが必要になります。今回、生活動作に基づく股・足関節・ステッピング戦略の促し方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

バランス障害と感覚の組織化、評価とリハビリテーション

バランス保持には、視覚、前庭覚、体性感覚からの情報が重要になります。これら3つのうちのどの系に問題があるかを特定できることは、バランス障害に対するリハビリテーションアプローチが根拠を持って行うことができます。今回、バランス障害と感覚の組織…

手指外在筋、手内筋の短縮検査、短縮と拘縮を見分ける方法

なんらかの障害により手関節や手が不動状態にあることは、筋力低下や長期間の固定、過度な骨格筋の活動、拘縮などが原因になっていることが考えられます。不動状態は手の機能低下を引き起こし、ADL低下を招きます。今回、手指外在筋、手内筋の短縮検査、短縮…

ADL遂行中の体幹運動とその制御

ADL動作において、体幹運動の制御が困難であれば、機能的な自立が阻害されます。アDL動作では様々な体幹運動の制御が必要であり、ADL観察ではどのような体幹運動のパフォーマンスがなされているかを評価する必要があります。今回、ADL遂行中の体幹運動とその…

ボバースアプローチが批判される理由

先日、A-ONEの講習会を受けた際に講師の先生が、「イギリス(?)では根拠がないにも関わらずボバースアプローチを用いている。これは良いことなのか(ニュアンスが違っていたらすみません)。」と言っていました。私自身ボバースアプローチの事を知らないの…