自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリテーションと栄養

リハビリテーション栄養における褥瘡評価・治療の考え方〜褥瘡ガイドラインを参考にして〜

褥瘡の発生因子には、圧迫によるものが大きな割合を占めますが、栄養状態も褥瘡発生のリスクを高める要因の一つとなりえます。今回、リハビリテーション栄養における褥瘡評価・治療の考え方を、褥瘡ガイドラインを参考にしてまとめていきたいと思います。

エネルギー消費量・摂取量の視点からリハ訓練内容を考える

リハビリテーション栄養においてはエネルギー摂取量が消費量より少ない場合、訓練によりさらにエネルギーが不足することになります。このような状態であれば、機能改善を目的としたリハビリを行うことはできません。そのためにもエネルギー消費量・摂取量を…

リハ栄養における摂食・嚥下機能評価のポイントと解釈

摂食・嚥下機能の低下があると、低栄養状態になりやすく、また誤嚥生肺炎や褥瘡を合併するリスクも高くなります。そのため、摂食・嚥下機能を適切に評価し、低栄養状態からの脱却を図ることが重要となります。今回、リハ栄養における摂食・嚥下機能評価のポ…

リハビリテーション栄養評価における検査値の基準と解釈

リハビリテーションにおける栄養障害の有無は、検査値のみでは判断できませんが、ひとつの指標として活用することは有効となります。また病院であれば患者の検査値は把握しやすく、初期評価の際にも評価の手がかりとなりやすいです。今回、リハビリテーショ…

身体計測によるリハビリテーション栄養アセンスメント項目

リハビリテーション栄養アセスメントでは、検査値よりも身体計測の方が大切になります。これは、飢餓の中には重度栄養障害でも検査値は正常値をとることがあるためです。今回、身体計測によるリハビリテーション栄養アセンスメントの評価項目と算出の仕方に…

OT・PT・STが行うリハ栄養スクリーンング

栄養スクリーニングは、管理栄養士や医師だけでなく、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士も行うことが可能です。リハ関連職種は、特に疾患の医療的知識や身体計測には長けており、その特性を栄養評価にも発揮できると考えます。今回、OT・PT・STが行うリハ…

リハ栄養におけるMNA®を利用したスクリーニングと解釈に向けて

簡易栄養状態評価法(MNA®:mini nutritional assessment)は、65歳以上の高齢者の栄養状態のスクリーニングとして用いられることが多いものです。リハビリテーションでは栄養状態の把握は訓練目標や訓練内容の設定に重要となります。今回、リハ栄養における…

リハ栄養におけるSGAを利用したスクニーニングと解釈に向けて

リハビリテーションにおいては、すべての患者の栄養状態を把握することが訓練効果を高めていくためには必要です。そのためには、栄養のスクリーニング検査を行うことで、栄養障害がある患者を見逃さないことが大切になります。今回、SGAを中心としたスクリー…

リハの訓練の目安となる栄養指標と、栄養不良時の訓練について

リハビリテーションでは機能維持を目的とするか、機能改善を目的とするかを決定する際に、栄養指標を目安とすると、計画を立案しやすくなります。その指標にはアルブミン値、BMIとなります。今回、リハの訓練の目安となる栄養指標と、栄養不良時の訓練につい…

栄養指標を目安とした栄養不良時のリハビリテーションの考え方

栄養状態を把握することで、リハビリテーションの目標を機能改善または機能維持のどちらかに決定することは重要です。今回、栄養指標を目安とした栄養不良時のリハビリテーションの考え方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

訓練効果を高める運動タイミングと筋力・筋持久力を高める栄養

リハビリテーションにおいて、筋力・筋持久力を高めるには栄養状態を良好に保っておくことは不可欠です。また、訓練を行うタイミングやスケジュール調整を行うことで、訓練効果を高めやすくなります。今回、訓練効果を高める運動タイミングと筋力・筋持久力…

筋萎縮の原因(廃用性、原疾患、飢餓、サルコペニア、悪液質)とリハビリテーション栄養

筋萎縮の原因には、廃用性、原疾患、飢餓、サルコペニア、悪液質があり、筋萎縮の原因に合わせた栄養管理とリハビリテーションが必要になります。今回、筋萎縮の原因(廃用性、原疾患、飢餓、サルコペニア、悪液質)とリハビリテーション栄養について、文献…

低栄養と代謝、栄養素の観点から筋力トレーニングの逆効果を考える

栄養不良状態で筋力トレーニングを行うと、逆効果となることがあります。今回、栄養に関する代謝とその特徴を知り、筋力トレーニングを行う際の注意点を文献を参考にまとめていきたいと思います。

リハビリテーションにおける栄養管理の必要性と訓練効果の関係性

リハビリテーションを行っている患者は低栄養状態の者が多く、栄養状態が不良の場合、機能訓練を行うことでかえって機能向上が阻害されてしまうこともあります。リハビリテーション関連職が栄養状態のアセスメントを行い、適切な訓練を設定できることが、在…