自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

肩外側の痛みの部位同定法:三角筋・三角筋下滑液包(SDB)

肩外側の痛みの原因として、肩外側に加わる伸張・摩擦ストレスが挙げられます。伸張・摩擦ストレスにより痛みが生じている場合、三角筋・三角筋下滑液包(SDB)が痛みを引き起こしている部位として考えられます。今回、肩外側の痛みの部位同定法として、三角…

肩前上方の痛み(関節唇、上腕二頭筋長頭腱)と肩関節後方軟部組織拘縮の運動学的評価

肩前上方の痛み(関節唇、上腕二頭筋長頭腱)を引きおこす原因のひとつに、肩関節後方軟部組織拘縮があります。今回、肩前上方の痛み(関節唇、上腕二頭筋長頭腱)と肩関節後方軟部組織拘縮の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

肩前上方の痛み(肩甲下筋、腱板疎部、上腕二頭筋長頭腱)と上腕骨頭変位の運動学的評価

肩前上方の痛み(肩甲下筋、腱板疎部、上腕二頭筋長頭腱)を引きおこす原因のひとつに、上腕骨頭の変位があります。今回、肩前上方の痛み(肩甲下筋、腱板疎部、上腕二頭筋長頭腱)と上腕骨頭変位の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思…

肩前上方の痛み(肩甲下筋、腱板疎部、関節唇)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価

肩前上方の痛み(肩甲下筋、腱板疎部、関節唇)を引きおこす原因のひとつに、腱板構成筋の筋力低下があります。今回、肩前上方の痛み(肩甲下筋、腱板疎部、関節唇)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

肩前上方の痛みの部位同定法:上腕二頭筋長頭腱のと疼痛誘発テスト

肩前上方の痛みの原因として、肩前上方に加わる摩擦ストレスが挙げられます。摩擦ストレスにより痛みが生じている場合、上腕二頭筋長頭腱が痛みを引き起こしている部位として考えられます。今回、肩前上方の痛みの部位同定法として、上腕二頭筋長頭腱の疼痛…

肩前上方の痛みの部位同定法:関節唇の疼痛誘発テスト

肩前上方の痛みの原因として、肩前上方に加わる圧縮ストレスが挙げられます。圧縮ストレスにより痛みが生じている場合、関節唇が痛みを引き起こしている部位として考えられます。今回、肩前上方の痛みの部位同定法として、関節唇の疼痛誘発テストについて、…

肩前上方の痛みの部位同定法:腱板疎部損傷の整形外科テスト

肩前上方の痛みの原因として、肩前上方に加わる伸張ストレスが挙げられます。伸張ストレスにより痛みが生じている場合、腱板疎部が痛みを引き起こしている部位として考えられます。今回、肩前上方の痛みの部位同定法として、腱板疎部の整形外科テストについ…

肩前上方の痛みの部位同定法:肩甲下筋の疼痛誘発テスト

肩前上方の痛みの原因として、肩前上方に加わる伸張ストレスが挙げられます。伸張ストレスにより痛みが生じている場合、肩甲下筋が痛みを引き起こしている部位として考えられます。今回、肩前上方の痛みの部位同定法として、肩甲下筋の疼痛誘発テストについ…

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮の運動学的評価

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)を引きおこす原因のひとつに、肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮があります。今回、肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮の運動学的評価について、文献を参考にまとめ…

FIM「コミュニケーション(表出)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

FIMにおける「コミュニケーション(表出)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

肩上方の痛み(肩甲上神経、棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲胸郭関節安定性低下の運動学的評価

肩上方の痛み(肩甲上神経、棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)を引きおこす原因のひとつに、肩甲胸郭関節安定性低下があります。今回、肩上方の痛み(肩甲上神経、棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲胸郭関節安定性低下の運動学的評価について、文献を参考…

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)を引きおこす原因のひとつに、腱板構成筋の筋力低下があります。今回、肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

FIM「コミュニケーション(理解)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

FIMにおける「コミュニケーション(理解)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

FIM「移動(階段)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

FIMにおける「移動(階段)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

FIM「移動(歩行・車椅子)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

FIMにおける「移動(歩行・車椅子)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

膝前面の痛み(膝蓋大腿関節)と股関節外転筋筋力低下の運動学的評価

膝関節前面の痛み(膝蓋大腿靱帯)を引きおこす原因のひとつに、股関節外転筋筋力低下があります。今回、膝前面の痛み(膝蓋大腿靱帯)と股関節外転筋筋力低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

膝前面の痛み(膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿靱帯)と大腿四頭筋筋力低下の運動学的評価

膝関節前面の痛み(膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿靱帯)を引きおこす原因のひとつに、大腿四頭筋筋力低下があります。今回、膝前面の痛み(膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿靱帯)と大腿四頭筋筋力低下の運動学的評価について、文…

膝前面の痛み(膝蓋下脂肪体)と膝蓋下脂肪体拘縮の運動学的評価

膝関節前面の痛み(膝蓋下脂肪体)を引きおこす原因のひとつに、膝蓋下脂肪体の拘縮があります。今回、膝前面の痛み(膝蓋下脂肪体)と膝蓋下脂肪体拘縮の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

膝前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿関節)と大腿四頭筋伸張性低下の運動学的評価

膝関節前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿関節)を引きおこす原因のひとつに、大腿四頭筋伸張性低下があります。今回、膝前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿関節)と大腿四頭筋伸張性低下の…

膝前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋大腿靱帯)と足関節背屈制限の運動学的評価

膝関節前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋大腿靱帯)を引きおこす原因のひとつに、足関節背屈制限があります。今回、膝前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋大腿靱帯)と足関節背屈制限の運動学的評価について、文献を参考にまとめ…

膝前面の痛み(脛骨粗面・膝蓋靱帯・膝蓋支帯)と腸腰筋筋力低下の運動学的評価

膝関節前面の痛み(脛骨粗面・膝蓋靱帯・膝蓋支帯)を引きおこす原因のひとつに、腸腰筋の筋力低下があります。今回、膝前面の痛み(脛骨粗面・膝蓋靱帯・膝蓋支帯)と腸腰筋筋力低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

膝前面(脛骨粗面・膝蓋靱帯・膝蓋支帯)の痛みと股関節伸展筋筋力低下の運動学的評価

膝関節前面の痛み(脛骨粗面・膝蓋靱帯・膝蓋支帯)を引きおこす原因のひとつに、股関節伸展筋の筋力低下があります。今回、膝前面の痛み(脛骨粗面・膝蓋靱帯・膝蓋支帯)と股関節伸展筋筋力低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思…

膝前面の痛みの同定法:膝蓋大腿関節

膝前面の痛みの原因として、膝前面に加わる圧縮ストレスが挙げられます。圧縮ストレスにより痛みが生じている場合、膝蓋大腿関節が痛みを引き起こしている部位として考えられます。今回、膝前面の痛みの同定法として、膝蓋大腿関節について、文献を参考にま…

膝前面の痛みの同定法:膝蓋下脂肪体

膝前面の痛みの原因として、膝前面に加わる伸張ストレスが挙げられます。伸張ストレスにより痛みが生じている場合、膝蓋下脂肪体が痛みを引き起こしている部位のひとつとして考えられます。今回、膝前面の痛みの部位同定法として、膝蓋下脂肪体について、文…

膝前面の痛みの同定法:膝蓋靭帯・膝蓋支帯

膝前面の痛みの原因として、膝前面に加わる伸張ストレスが挙げられます。伸張ストレスにより痛みが生じている場合、膝蓋靭帯・膝蓋支帯が痛みを引き起こしている部位のひとつとして考えられます。今回、膝前面の痛みの同定法として、膝蓋靭帯・膝蓋支帯につ…

膝前面の痛みの部位同定法:脛骨粗面(Osgood-schlatter病)

膝前面の痛みの原因として、膝前面に加わる伸張ストレスが挙げられます。伸張ストレスにより痛みが生じている場合、脛骨粗面が痛みを引き起こしている部位のひとつとして考えられます。今回、膝前面の痛みの部位同定法として、脛骨粗面(Osgood-schlatter病…

膝外側の痛み(腸脛靭帯)と膝関節内反不安定性の運動学的評価

膝外側の痛み(腸脛靭帯)を引きおこす原因のひとつに、膝関節内反不安定性があります。今回、膝外側の痛み(腸脛靭帯)と膝関節内反不安定性の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

膝外側の痛み(腸脛靭帯)と外側広筋の運動学的評価、リラクゼーション

膝外側の痛み(腸脛靭帯)を引きおこす原因のひとつに、外側広筋の過緊張があります。今回、膝外側の痛み(腸脛靭帯)と外側広筋の運動学的評価、リラクゼーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高齢者に対する筋力増強とスロートレーニングの実践法

高齢者に対する筋力トレーニングでは、高い負荷量をかけてトレーニングを行うことは関節障害のリスクや血圧管理などの安全性において、導入が困難となることがあります。一方、スロートレーニングの有効性が示されており、これを用いることで高齢者に対する…

高次脳機能障害と家族支援のポイント

前頭葉損傷などによる高次脳機能障害では、家族への支援も対象者やその家族が生活を送っていく上では重要です。家族の対応により、対象者の負の心理反応が生じることも考えられ、また家族がストレスを受け、支援を継続することに否定的になる可能性もありま…

社会的行動障害での無力・抑うつ・易怒性への対応

前頭葉損傷者では社会的行動障害が生じることがあり、無力、抑うつ、易怒性などの対応に苦慮する場面もしばしば見受けられます。今回、社会的行動障害での無力・抑うつ・易怒性への対応について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

高次脳機能障害と心理反応

前頭葉の損傷などによる高次脳機能障害では、社会的行動障害が生じることがあり、その対応には遂行機能などの機能障害だけでなく、心理面への配慮も行うことが大切になってきます。高次脳機能障害の対象者と社会(環境)との関係では負の心理反応が問題にな…

遂行機能障害のリハビリテーションの進め方(認知リハを中心に)

遂行機能障害のリハビリテーションでは、机上課題を通して思考過程(目的→計画→効率→実行)のトレーニングを行い、行動課題では行動の細分化と順番通りの遂行のトレーニングを行います。その中で計画立案、実行、確認、改善の再学習を行います。今回、遂行機…

TBI-31の概要と評価方法、結果の解釈

TBI-31(脳外傷者の認知-行動障害尺度)は脳外傷者の認知-行動障害を生活場面の観察に基づいて明らかにするための評価ツールです。今回、TBI-31の概要と評価方法、結果の解釈についてまとめていきたいと思います。

前頭葉性行動質問紙(FBI)の概要と評価方法、結果の解釈

前頭葉性行動質問紙(FBI:Frontal Behavioral Inventory)は、認知症者だけでなく、前頭葉損傷による行動障害の検出に有用とされている質問紙による評価ツールです。今回、前頭葉性行動質問紙(FBI)の概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にま…

注意障害の評価法:MARSの概要と評価方法、結果の解釈

脳外傷後の注意障害患者の行動スケールのひとつにMARS(Moss Attention Rating Scale)があります。今回、MARSの概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

注意障害のリハビリテーションの考え方、進め方(認知リハを中心に)

注意障害のリハビリテーションにおいては、机上検査と日常生活の観察評価を行い、リハ実施後の効果判定を行うために検査を実施します。介入においては、課題と課題実施後のフィードバックを用いながら、自己モニタリングを改善させ、注意障害の改善を生活行…

前頭前皮質と行動のコントロール

前頭葉の前頭前皮質は、眼窩前頭皮質、内側前頭前皮質、外側前頭前皮質に区分されます。前頭前皮質では行動のコントロールに関与しており、脱抑制、アパシー、遂行機能と深く関連があります。今回、前頭前皮質と行動のコントロールについて、文献を参考にま…

運動前皮質、補足運動皮質と高次運動機能について

前頭葉において、運動前皮質の損傷では左半側空間無視や運動維持困難がみられ、補足運動野の損傷では左右半球間で症状に差がみられます。今回、運動前皮質、補足運動皮質と高次運動機能について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

中年太り、高齢者や寝たきりの方とEMS(電気的筋肉刺激)の原理原則

年齢を重ねるにつれて中年太りがみられるようになってきますが、これは代謝が低下するためです。代謝を活性化するには、筋肉の働きが重要で、筋肉量が減少していると、代謝も低下します。筋肉を鍛えるには筋トレにて負荷をかける方法もありますが、EMS(機能…

脳卒中片麻痺者の歩行とノルディックポール

脳卒中片麻痺者の歩行においてノルディックポールを使用する場合があります。ノルディックウォークは北欧でのクロスカントリースキーをする者が、夏場のトレーニングをするための杖として開発されたものです。今回、脳卒中片麻痺者の歩行とノルディックポー…

前頭葉の機能解剖(下前頭回/前頭弁蓋部)と言語表出

前頭葉は機能的に多様であり、運動、言語、認知制御、意思決定などに関わる部分です。前頭葉と言語表出の関係で捉えると、ブローカ失語と関わりがあります。今回、前頭葉の機能解剖(下前頭回/前頭弁蓋部)と言語表出について、文献を参考にまとめていきた…

こんなにある!前頭葉損傷による症状を徹底解説

高次脳機能障害の中には、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などがありますが、これらは前頭葉損傷により起こりやすい症状です。今回、前頭葉損傷による症状について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

痙縮・筋緊張亢進と物理療法の効果とそのメカニズム

痙縮・筋緊張亢進に対しては、運動療法の他に物理両方も行われます。今回、痙縮・筋緊張亢進と物理療法の効果とそのメカニズムについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

痙縮・筋緊張亢進と下肢装具ー痙性緩和、ストレッチ、歩行動作のためにー

痙性麻痺による拘縮には、筋の防御性収縮をできる限り抑えて弱い負荷で長時間持続伸張するようなアプローチが必要です。装具を用いることは、弱負荷、長時間伸張のために有効となります。今回、痙縮・筋緊張亢進と下肢装具について、文献を参考にまとめてい…

痙縮・筋緊張亢進と上肢装具ー拘縮への対応ー

痙縮・筋緊張亢進に対する装具療法では、筋の防御性収縮を避けながら弱い負荷で長時間持続伸張させることが必要です。装具にはストレッチ用、筋促通用、痙性緩和用などがあり、対象者の状態により使い分けていく必要があります。今回、痙縮・筋緊張亢進と上…

痙縮・筋緊張亢進に対するリハビリテーションの適応とその実践

痙縮・筋緊張亢進の改善には他動的に筋組織や結合組織が伸張されることによりなされます。リハビリテーションでは他動運動だけでなく自動運動による訓練も行われ、痙縮・筋緊張亢進改善に向け様々な治療法が選択されます。今回、痙縮・筋緊張亢進に対するリ…

痙縮・筋緊張亢進の機序と評価法、生活上の問題点とリハビリテーションの考え方

痙縮・筋緊張亢進は伸張反射の増強により生じるとされ、痙縮・筋緊張亢進が強くあると異常肢位や疼痛、関節可動域制限、ADL低下などを引き起こすこともあります。今回、痙縮・筋緊張亢進の機序と評価法、生活上の問題点とリハビリテーションの考え方について…

自動車運転再開と認知機能

脳卒中発症者は認知機能低下や高次脳機能障害を呈する場合があり、自動車運転再開に向けて壁となることがあります。自動車運転には認知機能の様々な下位機能関与します。今回、自動車運転再開と認知機能について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

自動車運転再開と注意機能

脳卒中発症後に自動車運転を再開する場合、認知機能や高次脳機能と運転について、安全性が保たれているかを評価することになります。自動車運転では注意機能は信号・標識・歩行者の発見と集中、左右・後方への注意配分など、安全性に非常に関わる機能になり…