読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

脳卒中の歩行能力における予後予測の知識と方法

脳卒中リハビリテーションにおいて予後予測を行うことは、リハビリテーション目標の設定やアプローチ立案に役立ちます。特に歩行能力の予後予測は、歩行できるか否かにより、住環境調整にも関わってくるため重要です。今回、脳卒中の歩行能力における予後予…

脳卒中上肢機能予後予測の知識と方法

脳卒中のリハビリテーションプログラムにおいて、予後予測による目標設定は脳卒中治療ガイドラインにおいても推奨されています(グレードB)。脳卒中片麻痺者の上肢機能の予後予測をすることは、早期からの利き手交換訓練を導入するか否かの指標にもなります…

小脳性運動失調評価:SARA日本語版の概要と実施方法、結果の解釈

小脳性運動失調の評価にSARA日本語版があります。評価項目も多くはなく、簡便に評価が行えることが特徴です。今回、SARA日本語版の概要と実施方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

上肢運動失調症の臨床症状と評価の視点・方法

運動失調症は、四肢および体幹の随意運動の空間または時間(タイミング)の非協調的な状態です。四肢では測定異常、反復変換運動障害、共同運動障害、運動の開始や停止の遅れ(時間的測定異常)などがあります。今回、上肢運動失調症の臨床症状と評価の視点…

SIAS(Stroke Impairment Assessment Set)の概要と実施方法、結果の解釈

SIAS(Stroke Impairment Assessment Set)は脳卒中片麻痺者の機能評価テストのひとつで、非麻痺側を含んだ総合的な評価ツールです。今回、SIAS(Stroke Impairment Assessment Set)の概要と実施方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと…

片麻痺上肢のBox and Block testの概要と実施における注意点と結果の解釈

脳卒中片麻痺者の上肢機能評価としてBox and Block testがあります。このテストは必要物品も少なく、工程も単純なため理解しやすく簡便に実施できる利点があります。今回、Box and Block testの概要と実施における注意点について、文献を参考にまとめていき…

WOLF MOTOR FUNCTION TESTの概要と実施上の注意点、結果の解釈

WOLF MOTOR FUNCTION TEST(WMFT:ウルフモーターファンクションテスト)は、脳卒中片麻痺者の上肢運動機能検査評価法のひとつです。検査項目に対して、所要時間、動作の質的評価から、上肢機能のレベルを測定することが可能です。今回WOLF MOTOR FUNCTION T…

リハビリ、看護、医学専門書を売るにはブックオフでなく買取専門店で

リハビリ、看護、医学専門書は医療従事者であれば日々勉強のために読み込むことも多いのですが、重宝する書籍、あまり読まなくなった書籍、一応置いたまま数年経過している書籍などに分かれると思います。あまり読まない書籍は売ってしまって、次に新しい専…

外傷性脳損傷(脳挫傷、びまん性軸索損傷)におけるアパシー(意欲障害)

外傷性脳損傷は頭部に外力が加わることによって生じる脳の損傷をさし、頭部外傷とも呼ぶことがあります。その後遺症として、高次脳機能障害があり、記憶・注意・遂行機能低下、社会的行動障害が中心となる症状です。その中でもアパシーは社会的行動障害とし…

脳卒中片麻痺者の下肢痙性抑制手技

脳卒中片麻痺者の下肢運動麻痺の回復には、様々な手技が用いられますが、回復の妨げになる要因として痙性があります。麻痺側下肢の促通においては、痙性筋を抑制しながら下肢の運動を繰り返す中で神経回路の強化が可能になります。今回、脳卒中片麻痺者の下…

脳卒中片麻痺者の股関節外転の促通(ブルンストロームの考え方を用いて)

脳卒中ガイドラインでは、ブルンストローム法などのファシリテーションテクニックは、エビデンスは乏しいが行ってもよいという程度で記載されています。しかしながら、片麻痺者の運動の促通においては、対象者それぞれの促通されやすい姿勢、動かし方などの…

片麻痺者の立位姿勢で麻痺側足底接地困難な場合のリハビリテーション

脳卒中片麻痺者では、立位姿勢の際屈筋共同運動が下肢に優位になることがあります。そのような場合非麻痺側下肢のみの支持となり、静的な立位はとれてもトイレでのズボンの上げ下ろしのような動的立位になると、バランスを崩しやすくなるなどデメリットとな…

脳卒中片麻痺者の膝屈曲、伸展運動の促通(ブルンストロームの考え方を用いて)

今回は、脳卒中片麻痺者の膝屈曲、膝伸展運動の促通について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脳卒中片麻痺者の歩行立脚初期における足関節背屈の促通(ブルンストロームの考え方を用いて)

脳卒中片麻痺患者では、体重の負荷により活動する伸筋共同運動は、股関節、膝関節の伸展、足関節底屈と股関節内転を含みます。そこに正常な筋活動が確立されると、足背屈と股関節外転が股関節・膝関節伸筋と協調して活性化し、誘発される必要があります。今…

上肢ブルンストロームステージⅤに向けたリハビリテーション

上肢ブルンストロームステージⅤでは、「側方水平位へ腕を挙上する」「頭上へ腕を挙上する」「肘伸展位で手掌を上と下に向ける」の獲得が必要です。今回、それらの動作の獲得に向けたリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

上肢ブルンストロームステージⅣに向けたリハビリテーション

上肢ブルンストロームステージⅣでは、「手を体の後ろへ」「水平位へ腕を前方挙上する」「肘屈曲位で前腕の回内ー回外」ができることになっています。これらは、屈筋共同運動や伸筋共同運動のどちらでもないですが、これらの動きに必要な筋肉の働きの組み合わ…

脳卒中片麻痺者の手指屈曲の回復とリハビリテーション

脳卒中片麻痺者の手指機能の回復は、日常生活を送りやすくするために重要です、握る、つまむなどが行えると生活の幅が広がり、片手動作に比べてスピードや効率がかなり上がるためです。今回、脳卒中片麻痺者の手指屈曲の回復、特に全指屈曲獲得に向けたリハ…

ブルンストロームステージ4「手を体の後ろへ」の動作獲得のためのリハビリテーション

ブルンストロームステージ4「手を体の後ろへ」を獲得するには、共同運動の要素を分離させて行う必要があります。この動作が行えると、体の背部を洗ったり、服を直したりという動作が可能になります。今回、「手を体の後ろへ」の動作を獲得するためのリハビ…

ブルンストロームステージ4での屈筋分離動作(肩、肘)のリハビリテーション

ブルンストロームステージ4では、痙性は減弱しつつあり、共同運動が消失し始める時期となります。この段階では共同運動から逸脱した比較的簡単な運動の組み合わせの指導が可能となります。そのためには運動方向の修正を、対象者の良い反応を見極めながらア…

うつ病とアパシー(意欲障害)

うつ病において、意欲の低下は症状のひとつとして重要であり、アパシーの概念も一部含まれていると考えることができます。今回、うつ病とアパシー(意欲障害)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

パーキンソン病とアパシー(意欲障害)

パーキンソン病は運動症状の他に認知機能障害や精神症状を伴う疾患であり、うつやアパシーを合併しやすいと言われており、対象者のQOLや介護負担に影響を与えることがあります。今回、パーキンソン病とアパシーについて、文献を参考にまとめていきたいと思い…

アルツハイマー型認知症とアパシー(意欲障害)

アルツハイマー型認知症では、アパシー(意欲障害)は心理・行動症状(BPSD)のひとつとして数えられています。今回、アルツハイマー型認知症とアパシー(意欲障害)について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脳卒中後のうつ状態、アパシー(意欲障害)と血管性認知症との関係

脳卒中後にアパシー(意欲障害)を高い頻度で合併するものとして、血管性認知症が挙げられます。アパシーは脳血管障害の結果として起こりますが、これが廃用性認知症の原因となる可能性も指摘されています。今回、脳卒中後のうつ状態、アパシー(意欲障害)…

ベントン視覚記名検査の概要と使用方法、結果の解釈

ベントン視覚記名検査は、視覚性図形記憶の検査です。名前の似たものに、ベントン視覚弁別検査がありますが、これは別物の検査になります。今回、ベントン視覚記名検査の概要と使用方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

脳卒中うつスケール、脳卒中情動スケールの概要と使用方法、結果の解釈

脳卒中うつスケール、脳卒中情動スケールは、脳卒中後に生じるうつ症状、情動障害を定量的に測定するスケールです。今回、両スケールの概要と使用方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

WAIS-R、WAIS-Ⅲの概要と下位検査項目の質的分析

WAIS-R、WAIS-Ⅲは成人の知能を評価する検査方法の一つです。評価では数値(定量的データ)が得られますが、下位検査項目の質的分析をすることで、さらに有益なデータ(定性的データ)が得られることになります。今回、WAIS-R、WAIS-Ⅲの概要と下位検査項目の…

母指CM(第一手根中指)関節の痛み、可動域改善のためのリハビリテーション

母指CM(第一手根中指)関節は母指と他指のつまみ動作を可能にするための、重要な関節ですが、使いすぎや大きな負担がかかることで痛みや可動域制限がみられることがあります。今回、母指CM(第一手根中指)関節の痛み、可動域改善のためのリハビリテーショ…

レーヴン色彩マトリックス検査の概要と使用方法、結果の解釈

レーヴン色彩マトリックス検査(Raven’s Colored Progressive Matrices Test:RCPM検査)は、知的機能検査の一つで、重度失語症にも適応可能な非言語性テストです。今回、レーヴン色彩マトリックス検査の概要と使用方法、結果の解釈について、文献を参考にま…

認知症高齢者の絵カード評価法(APCD)を用いたニーズの評価

認知症高齢者では様々な要因により作業ニーズの把握が困難なことがあります。作業に焦点を当てることで、その人らしい生活を再度取り戻す事が可能になったり、行動・心理症状(BPSD)の軽減につながることもあります。今回、認知症高齢者の絵カード評価法(A…

認知症を有する方の家族への支援とケアマネジメントの視点

認知症を有する方の家族で、認知症に対する知識不足から否定的な感情を抱いたり、認知症のネガティブなイメージが先に来てしまう場合があります。このような状態では、認知症を有する方の介護が不十分なものになってしまう可能性もあります。今回、認知症を…

ブルンストロームステージ1から3における伸筋共同運動獲得までのリハビリテーション

ブルンストロームステージの1から3の段階では、弛緩状態から痙性の出現、そして共同運動パターンの出現というような状態がみられます。今回、ブルンストローム法を用いた伸筋共同運動獲得までのリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたい…

ブルンストロームステージ1から3における屈筋共同運動獲得までのリハビリテーション

Brs-stageⅠ-Ⅲでは、弛緩性麻痺から屈筋・伸筋共同運動が出現する状態です。この時期では、弛緩筋の筋緊張を高め、筋収縮を誘発していく必要があります。今回、Brs-stageⅠ-Ⅲまでのブルンストローム法による促通訓練方法について、文献を参考にまとめていきた…

GBSスケールを用いた認知症評価の概要と使用方法、結果の解釈

GBSスケールは認知症評価(運動機能、知的機能、感情機能、精神症状)のための評価ツールで、作業療法の成果を示すためにも使用されます。今回、GBSスケールを用いた認知症評価の概要と結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

老研式活動能力指標の概要と使用方法、結果の解釈

老研式活動能力指標は、身辺処理としてのADLでは捉えられない高次の生活機能(家庭生活)を評価するツールで、しばしば認知症における作業療法の成果を示すさいにも用いられます。今回、老研式活動能力指標概要と使用方法、結果の解釈について、文献を参考に…

IADLを用いた認知症の日常生活行動評価の概要と使用方法

IADL(Instrumental Activities of Daily Living Scale)は、高齢者の日常生活における活動性を評価する目的に使用されます。また、認知症者への作業療法介入の前後における成果を示す指標として使用されることもあります。今回IADLを用いた認知症の日常生活…

NMスケールの概要と使用方法、結果の解釈

NMスケール(N式老年者用精神状態尺度)は高齢者や認知症者の日常生活での実際的な精神機能面から捉えた行動観察方式の評価法です。今回、NMスケールの概要と使用方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

CDR(Clinical Dementia Rating)の概要、使用方法と判定方法、結果の解釈

CDR(Clinical Dementia Rating)は臨床的な認知症の重症度を評価することを目的としている評価方法です。今回、CDRの概要、使用方法と結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

認知症行動観察評価:FAST(Functional Assessment Staging)の概要と結果の解釈

アルツハイマー型認知症について、病期をADL能力の障害の程度により分類したものに、FAST(Functional Assessment Staging)があります。今回、FASTの概要と結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

ブルンストローム法による母指伸展の促通法

脳卒中片麻痺者のファシリテーション手技のひとつに、ブルンストローム法があります。エビデンスは乏しいですが、対象者の随意運動を促通するには、様々な運動姿勢、反射等を用いて好ましい反応を引き出すことが重要です。今回、ブルンストローム法による母…

ブルンストローム法による把握のための機能的手関節肢位に向けたアプローチ

ブルンストローム法はファシリテーション手技の一つですが、脳卒中ガイドライン2009によると、ファシリテーション手技は行っても良いが、それにこだわる必要はないとされています。しかしながら、対象者の運動を促通しやすい方法は、何が当てはまるかはわか…

N式老年者用日常生活活動動作能力評価(N-ADL)の概要と結果の解釈

N式老年者用日常生活活動動作能力評価(N-ADL)は、認知症の方のADL能力を評価するツールのひとつです(認知症だけに用いるものではないことに注意)。今回N式老年者用日常生活活動動作能力評価(N-ADL)の概要と結果の解釈について、文献を参考にまとめてい…

N式精神機能検査の概要と採点方法、結果の解釈

N式精神機能検査は認知症スクリーニングテストのひとつです。今回、N式精神機能検査の概要と結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

HDS-Rの概要、実施上の注意点と結果の解釈

HDS-R(改訂長谷川式簡易知能評価スケール)は、認知機能評価尺度のひとつで、その結果から認知症の疑いがあるかないかについての情報を得ることができます。今回、HDS-Rの概要、実施上の注意点と結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思いま…

認知症の作業療法における成果の示し方

認知症の作業療法介入を行った際の成果を示すことは、作業療法が認知症にとって効果的であることを示す機会になります。その効果は、誰にどのように利益があったのかを考える必要があり、成果には数値や具体的な数値で表すことが重要になります。今回、認知…

知っておきたい認知症、認知症のBPSDに対する薬物療法

認知症の治療には薬物療法と非薬物療法に分けられます。薬物治療には、中核症状(記憶障害、失語、失行、実行機能障害など)の進行を抑制するものと、行動・心理症状(BPSD)の改善を目的とするものに分けられます。今回、認知症、BPSDに対する薬物療法につ…

興味関心チェックシートの活用(リハビリ、ケアマネジメントにおける目標設定支援ツール)

リハビリやケアマネジメントにおいて、対象者が自ら目標を設定することは、自立支援において重要な要素です。対象者によっては自ら生活の目標を述べるまたは決定することができない場合もあり、そのような際に興味関心チェックシートが役に立つことがありま…

構成障害に対するリハビリテーションアプローチ

構成障害に対するリハビリテーションでは、構成障害がどの要素から生じているかを分析し、その要素に対して具体的にアプローチすることが重要になります。今回、構成障害に対するリハビリテーションアプローチについて、文献を参考にしながらまとめていきた…

構成課題における誤りの分類と構成障害のメカニズム(病巣との関係)

構成障害の検査には描画や積み木などがありますが、構成障害があると課題に特徴的な反応が見られます。今回、構成課題における誤りの分類と損傷部位との関係について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

やる気スコアを用いたアパシー(意欲障害)の評価

やる気スコアは、軽度から中等度のアパシー(意欲障害)を評価するための方法のひとつになります。今回、やる気スコアを用いたアパシー(意欲障害)の評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

意欲の指標(Vitality Index)を用いたアパシーの評価

意欲の評価方法の一つに、行動観察評価である意欲の指標(Vitality Index)があります。質問紙による意欲評価では、中等度の認知症や要介護者に適応する場合が困難なことがありますが、この評価では高度の意欲低下の場合でも測定が可能になります。今回、Vit…