自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)による遂行機能障害のリハビリテーション

遂行機能障害に対するリハビリテーションの方法として、GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)があります。今回、GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)による遂行機能障害リハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

肩後方の痛み(上腕三頭筋長頭・後方関節包)と股関節柔軟性低下の運動学的評価

肩後方の痛み(上腕三頭筋長頭・後方関節包)を引きおこす原因のひとつに、股関節柔軟性低下があります。今回、肩後方の痛み(上腕三頭筋長頭・後方関節包)と股関節柔軟性低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

前頭葉障害(行動開始困難)に対する行動促進のためのリハビリテーション

前頭葉障害では、行動開始の障害が生じることがあり、日常場面で行動開始が困難になると、予定していた時刻に遅れてしまったりと、日常生活上不具合が生じることがあります。今回、前頭葉障害(行動開始困難)に対する行動促進のためのリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

問題解決訓練(PST)による遂行機能障害リハの概要と実施方法

遂行機能障害リハビリテーションにおいて、問題解決訓練(problem solving training:PST)があります。問題解決訓練はある程度教示内容、指導手順、指導順序が決まっている、特定の指導原理にしたがって行われる構造化された訓練方法です。今回、問題解決訓練(PST)による遂行機能障害リハの概要と実施方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

前頭葉損傷におけるメタ認知、障害への気づきとメタ認知訓練の方法

前頭葉損傷では、メタ認知過程に障害が起こることがあり、自己の内的情況の理解や社会的認知の障害が生じます。自分自身の障害に対する全般的な気づきや自己モニタリングに障害が生じることで、日常生活遂行が困難になることが予想されます。今回、前頭葉損傷におけるメタ認知、障害への気づきとメタ認知訓練の方法について、文献を参考にまとめていきたいち思います。

続きを読む

自己教示法による遂行機能障害のリハビリ

遂行機能障害では、衝動性や計画性の欠如から、考えずに行動するようなことがしばしば見受けられます。このような対象者に対しては、自己教示法が有効になる場合があります。今回、自己教示法による遂行機能障害のリハビリについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

脱抑制や社会的行動障害のリハビリ:行動療法的アプローチ

遂行機能障害では、脱抑制、攻撃的、多動、社会的ルールを守れないことなど、他者にとって迷惑な行動が生じることがあり、リハビリテーション場面においても進行を妨げることもあります。今回、脱抑制や社会的行動障害のリハビリとして、行動療法的アプローチについて文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む