自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

脊髄損傷での足こぎ車椅子「COGY」使用体験!リハビリとしての利用を考える!

足こぎ車椅子「COGY」をご存知でしょうか。脳卒中パーキンソン病、脊髄損傷などで筋力低下や関節拘縮があっても、残存能力を使い足こぎによる移動ができる車椅子です。最近、脊髄損傷の方が「COGY」を利用する機会がありました。驚きと感動もありましたが、もう少しここは改善されれば、など感じることがあったので、紹介していくことにします。

続きを読む

生活動作に基づく股・足関節・ステッピング戦略の促し方

平衡保持のためには、感覚(視覚、体性感覚、前庭覚)を利用するだけではなく、運動戦略も行われることが必要になります。今回、生活動作に基づく股・足関節・ステッピング戦略の促し方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

バランス障害と感覚の組織化、評価とリハビリテーション

バランス保持には、視覚、前庭覚、体性感覚からの情報が重要になります。これら3つのうちのどの系に問題があるかを特定できることは、バランス障害に対するリハビリテーションアプローチが根拠を持って行うことができます。今回、バランス障害と感覚の組織化、評価とリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

手指外在筋、手内筋の短縮検査、短縮と拘縮を見分ける方法

なんらかの障害により手関節や手が不動状態にあることは、筋力低下や長期間の固定、過度な骨格筋の活動、拘縮などが原因になっていることが考えられます。不動状態は手の機能低下を引き起こし、ADL低下を招きます。今回、手指外在筋、手内筋の短縮検査、短縮と拘縮を見分ける方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

ADL遂行中の体幹運動とその制御

ADL動作において、体幹運動の制御が困難であれば、機能的な自立が阻害されます。アDL動作では様々な体幹運動の制御が必要であり、ADL観察ではどのような体幹運動のパフォーマンスがなされているかを評価する必要があります。今回、ADL遂行中の体幹運動とその制御について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

ボバースアプローチが批判される理由

先日、A-ONEの講習会を受けた際に講師の先生が、「イギリス(?)では根拠がないにも関わらずボバースアプローチを用いている。これは良いことなのか(ニュアンスが違っていたらすみません)。」と言っていました。私自身ボバースアプローチの事を知らないので、今回、ボバースアプローチが批判される理由を調べてみました。

続きを読む

学習の汎化を促進させる要因と作業療法・理学療法への応用

学習の汎化を狙うことは、作業療法理学療法などのリハビリテーションにおいて重要です。今回、学習の汎化を促進させる要因と作業療法理学療法への応用について、文献をさんこうにまとめていきたいと思います。

続きを読む