読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

ワーキングメモリのリハビリ、鍛え方:Nitendo 3DSを用いて

高次脳機能障害の症状のひとつとして、記憶障害があります。なかでも、ワーキングメモリは脳のメモ帳と呼ばれ、日常生活を円滑に送る上ではかかせない機能になります。今回、ワーキングメモリのリハビリについて、Nitendo DSソフトという選択があるかもしれないと感じたため、紹介していきたいと思います。

続きを読む

トランクコントロールテスト(Trunk Control Test)概要と結果の解釈

トランクコントロールテスト(Trunk Control Test)はベッド上で行うことのできる簡単な体幹機能・能力評価法のひとつです。トランクコントロールテストは脳卒中の予後予測で使用される評価法でもあります。今回、トランクコントロールテスト(Trunk Control Test)概要と起き上がり動作との関係について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

脳卒中急性期における予後予測の知識と方法

脳卒中急性期では、回復期への連携など将来展望を含めた視点において、予後予測を行うことが大切です。また予後予測を行うことで、急性期という限られた時間におけるリハビリテーション目標、リハビリテーションアプローチの設定のための有用な情報になります。今回、脳卒中急性期における予後予測の知識と方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

脳卒中の歩行能力における予後予測の知識と方法

脳卒中リハビリテーションにおいて予後予測を行うことは、リハビリテーション目標の設定やアプローチ立案に役立ちます。特に歩行能力の予後予測は、歩行できるか否かにより、住環境調整にも関わってくるため重要です。今回、脳卒中の歩行能力における予後予測の知識と方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

脳卒中上肢機能予後予測の知識と方法

脳卒中リハビリテーションプログラムにおいて、予後予測による目標設定は脳卒中治療ガイドラインにおいても推奨されています(グレードB)。脳卒中片麻痺者の上肢機能の予後予測をすることは、早期からの利き手交換訓練を導入するか否かの指標にもなります。今回、脳卒中上肢機能予後予測の知識と方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む

小脳性運動失調評価:SARA日本語版の概要と実施方法、結果の解釈

小脳性運動失調の評価にSARA日本語版があります。評価項目も多くはなく、簡便に評価が行えることが特徴です。今回、SARA日本語版の概要と実施方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

続きを読む